Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

23:30 沖縄の〝海野菜〟オススメ4種 歩いて採って味わおう! しかたにさんちの自然暮らし(38)

24

22:00 「賛成」「反対」の二項対立を止めるのは誰? ウィメンズ・マーチに行って来た!(下) アメリカから見た! 沖縄ZAHAHAレポート(8)

16

02:00 2018年の運勢を占ってもらった。→頑張る人に幸せは訪れる。 「てみた。」24

24

09:15 「プラモ虫」で自由な世界へ 〈づめレポ 4〉

16

01:30 合体! 変形!! 進化は続く 沖縄CMものがたり[7]琉球銀行

6

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • 二階氏、4月ロシア訪問を検討 5月の首脳会談へ環境整備

    2018/02/18 8:25

     自民党の二階俊博幹事長が4月にもロシアを訪問し、プーチン政権幹部との会談を検討していることが分かった。安倍晋三首相が5月に訪ロし、プーチン大統領と首脳会談に臨む前に環境整備を図る目的。首相が重視する対ロ外交を後押ししたい考えだ。党関係者が18日、明らかにした。  二階氏は中国やインドネシアなどの政権幹部と太いパイプを持つことで知られるが、訪ロは幹事長就任後初めて。政府高官やプーチン氏を支える与党「統一ロシア」の幹部との会談を調整している。プーチン氏との会談も模索しており、実現する場合は首相の親書を携行する可能性がある。

  • 立憲、ワンコインで政策参加 パートナーズ制度を今春立ち上げ

    2018/02/18 7:14

     立憲民主党は、年会費500円のワンコインで政策づくりに参加できる「立憲パートナーシップ・メンバー」(略称・立憲パートナーズ)制度を今春立ち上げる。手続きの手軽さ、会費の安さで政治参加のハードルを低くする。党が掲げる「草の根からの民主主義」を実践し、党勢拡大を図る。  「アイドルのファンクラブから発想を得た」という枝野幸男代表は「政党が党員を囲い込むのではなく、政治に参加する道具」と強調する。入会には党綱領への賛同が必要だが、個別政策への同意は不要。インターネットで入会、支払い手続きができる。在外邦人や在日外国人を含む18歳以上の個人が対象となる。

  • 台湾地震で発生した「デマ」と繰り返される「外国人差別」 モバプリの知っ得![42]

    2018/02/18 4:00

    100年前の出来事ではありますが、歴史から学ばなければ、私たちは同じ過ちを繰り返してしまいます。現に「外国人が井戸に毒を入れている」といったレベルのデマが広がっているのが現状です。 しかしながら

  • 仲間孝大が優勝 女子は吉田香澄 おきなわマラソン

    2018/02/18 3:48

     【中部】第26回2018おきなわマラソン(主催・中部広域市町村圏事務組合、琉球新報社、沖縄テレビ放送、沖縄陸上競技協会、県総合運動公園指定管理者トラステック・ミズノ共同企業体、共催・県高校体育連盟)は18日午前9時から、沖縄市の県総合運動公園を発着点に行われた。マラソン部門の男子は仲間孝大(29)=豊見城市=が2時間24分18秒で優勝。女子は吉田香澄(23)=埼玉県=が2時間47分31秒で制した。  10キロロードレースの一般男子は外間勇太(21)=那覇市=が31分46秒、一般女子は那覇洋乃(20)=名護市=が39分03秒で制し、高校男子は島袋太佑(北山)が31分24秒、高校女子は比嘉みゆ(名護)が38分22秒でそれぞれ頂点に立った。

  • 石破氏、首相の政治手法に苦言 「自民の議論を無視」

    2018/02/18 3:18

     自民党の石破茂元幹事長は18日放送のラジオ日本番組で、安倍晋三首相の官邸主導の政治手法に苦言を呈した。「憲法9条改正議論もそうだが、首相は自民党内で積み上げたものを無視する形で『自分はこうなのだ』と言うことが時々ある」と述べた。  昨年の衆院選直前に消費税増収分を幼児教育無償化などに振り向ける使途変更を打ち出したことも例に挙げ「党内でそんな話は聞いたことがなく、ひっくり返って驚いた。政策はきちんとした数字を基に提示されるべきだ」と不満を語った。番組は6日の収録。

  • サトウキビ刈り、県外若者活躍 伊是名「ボラバイト」で2週間 村内行事も積極参加

    2018/02/18 2:57

     【伊是名】製糖シーズン真っただ中となっている沖縄県伊是名村。内花地区千原にある仲田幹男さんの畑では6日、県外からの若者たちがサトウキビ刈り作業に一生懸命取り組んだ。彼らはボランティアとアルバイトの中間的な意味の「ボラバイト」として、村内の農業法人和伊耕産で、平均で約2週間、長い人は1カ月以上農作業に従事しながら生活している。  この仕事はインターネットのボラバイト募集サイトで知ったそうだ

  • 快晴の中部路を快走 おきなわマラソンスタート

    2018/02/18 0:23

     【中部】第26回2018おきなわマラソン(主催・中部広域市町村圏事務組合、琉球新報社、沖縄テレビ放送、沖縄陸上競技協会、県総合運動公園指定管理者トラステック・ミズノ共同企業体、共催・県高校体育連盟)は18日午前9時、エントリーしているランナーが沖縄市の県総合運動公園を一斉にスタートした。  スタート時は快晴。ランナーは穏やかな陽気の中部路を爽やかに駆け抜けた。沿道では住民や地元企業などのボランティアらが声援を送り、ランナーを後押しした。

  • 普天間停止期限まで1年、実現見通せず 政府、作業遅れを知事に責任転嫁 

    2018/02/17 21:45

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の「5年以内運用停止」の期限となる2019年2月18日まで残り1年となった。政府は翁長雄志知事の政治姿勢を理由に「状況が変化」(小野寺五典防衛相)しているとして5年以内の運用停止を困難視する。だが、その根拠となる具体的な理由は示せていない。「運用停止」自体の定義もあいまいなまま、政府は無為無策で県知事に責任転嫁する状態が続いている。  「5年以内運用停止

  • 宜野湾市民、複雑な思い交錯 普天間の運用停止期限まで1年

    2018/02/17 21:45

     国が沖縄県と約束した米軍普天間飛行場の「5年以内の運用停止」期日まで18日で残り1年となった。同飛行場を抱える宜野湾市の住民らは相次ぐ米軍機事故に「運用停止を実現してほしい」と望む一方、政治に翻弄(ほんろう)されて期日通りの実現を疑問視する声もあった。名護市辺野古への移設という当初なかった条件を主張する政府に複雑な心情をのぞかせた。  17日夕、市内の商業施設で買い物をしていた市普天間在住の女性

  • 首相が羽生選手に電話 金メダルを祝福

    2018/02/17 14:45 3

     安倍晋三首相は17日、韓国・平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で今大会日本初の金メダルを獲得した羽生結弦選手に東京都内の私邸から電話し「困難を乗り越え、多くの人に勇気を与えた。日本人として誇りに思う」と祝福した。羽生選手は「今まで頑張ってきたことが報われた。非常に重みのある勝利になった」と応じた。  首相は羽生選手に対し「日本人みんなが感動した。新しい伝説ができた」と述べた。演技をテレビ観戦したと明かし「(興奮のあまり)手の中のミカンを握りつぶしそうになった」と語った。