Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

02:00 受験生、応援してみた。→「サクラ咲け」と切に願った。 「てみた。」27

47

22:00 「賛成」「反対」の二項対立を止めるのは誰? ウィメンズ・マーチに行って来た!(下) アメリカから見た! 沖縄ZAHAHAレポート(8)

50

03:30 木下大サーカスを100倍楽しむ㊙テク大公開! 

56

02:00 「骨汁」のおいしさに迫る!?【島ネタCHOSA班】

46

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • 腎臓内科の新患制限 北部病院、医師不足改善せず

    2018/04/19 9:29

     【名護】沖縄県立北部病院(久貝忠男院長)が医師不足のため4月1日から腎臓内科の新患者受け入れを制限していることが18日、分かった。県立北部病院では医師不足による診療制限が相次いでおり、改善されない状況が続いている。  腎臓内科は

  • 沖縄セルラー電話、東町にビル 自然エネ活用の最新型

    2018/04/19 9:17

     沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)は18日、那覇市東町のゆいレール旭橋駅前にデータセンター(DC)を併設したオフィスビルを建設すると発表した。地下水を活用した冷却の仕組みを導入するなど自然エネルギーを利用した「最新鋭のスマートオフィス」を目指す。同社として不動産事業とDC事業に初参画となり、IT関連産業の集積を目指す。  場所は3月に沖縄セルラーがKDDIから取得したKDDI那覇ビル跡地

  • 琉球ガラスきらめくネイルアート

    2018/04/19 8:00

     琉球ガラスは工房と契約し、ガラスのかけらを砕き角を取るなどの細工をし、ネイルパーツとして使える状態で入手。ミンサー柄は、小さく切った折り紙や固めた色付きジェルを使って制作しているという。  それらを爪に載せ

  • ものづくりファンド出資 4千万円、淡水化装置を増産へ ワイズグローバルビジョン

    2018/04/19 7:26

     海水淡水化装置などを製造販売するワイズグローバルビジョン(沖縄県うるま市、柳瀬良奎社長)は18日、沖縄県庁で会見し、県産業振興公社や県内4金融機関でつくる「沖縄ものづくり振興ファンド有限責任事業組合」から4千万円の出資を受けたと発表した。資本金を9080万円に増資した。4日に発売した世界最小クラスの海水淡水化装置の製造基盤の拡充やスタッフの増員などにも活用する計画だ。  同社は2012年設立。最新の海水淡水化装置は重さ

  • 「なでしこ公式戦」南城市で INAC神戸×AC長野 6月16日、市陸上競技場

    2018/04/19 4:41

     【南城】女子サッカーの2018プレナスなでしこリーグカップ1部Bグループ第6節のINAC神戸レオネッサ―AC長野パルセイロ・レディース(主催・日本サッカー協会、日本女子サッカーリーグ)が6月16日、沖縄県の南城市陸上競技場で開催される。18日、県サッカー協会の具志堅朗会長らが南城市役所で会見を開き、「世界的な選手のプレーを堪能してほしい」と多くの来場を呼び掛けた。  試合は午後

  • 「竹下派」正式発足、経世会以来 自民額賀派が臨時総会

    2018/04/19 4:32 1

     自民党額賀派(平成研究会、55人)は19日昼、東京都内で臨時総会を開いた。額賀福志郎会長が退任し、竹下亘党総務会長が新会長に就任した。竹下氏の兄、竹下登元首相が旗揚げしたかつての党最大派閥「経世会」以来の「竹下派」が正式に発足した。  竹下氏はあいさつで「大変なものを受け取った思いだ。われわれのグループはいつも日本政界のど真ん中で仕事をしてきた。それを肝に銘じて引き継いでいきたい」と述べた。会長職を退く額賀氏が最高顧問に就くことも決まった。

  • 大谷翔平「有能感」を育てた両親の叱らない“肯定教育”

    2018/04/19 4:00

    アメリカ・メジャーリーグのエンゼルスに入団して1年目の大谷翔平(23)。打者として3試合連続のホームランを放つ大活躍を見せた後、淡々とこう語った。投手としても2連勝し、日本のファンのみならず全世界の注目の的となった彼が目指しているのが、投・打の両面で、メジャーリーグの一流として活躍する“二刀流”。 最新刊に『夢をつかむパワー! 大谷翔平86のメッセージ』(三笠書房)がある、追手門学院大学特別顧問で臨床スポーツ心理学者の児玉光雄さんは、こう話す。 大谷は'94年7月5日、元・社会人野球選手で会社員の父・徹さんと、元バドミントン選手の母・加代子さんのあいだに生まれた。長男、長女、大谷と3きょうだいの末っ子だ。

  • 甘さ自慢のイチゴ「宙苺」狩り いかが? 有機肥料で栽培 八重瀬・ライズファクトリー

    2018/04/19 2:19

     【八重瀬】安心・安全でおいしいイチゴを作りたい―。農業生産法人ライズファクトリーはこのほど、沖縄県八重瀬町玻名城で2年目のイチゴ狩りをスタートさせた。「宙苺(そらいちご)」と名付けたイチゴは農薬をほとんど使わず、こだわりの有機肥料で育てる。栽培管理部部長の玉城昌広さん(44)=那覇市出身=と与那覇雅美さん(43)=宮古島市平良出身=は「とても甘く、イチゴ本来の味が楽しめる」と話す。イチゴ狩りは6月末までの予定だ。  玉城さんは

  • OCVB、観光連携に登録 推進室新設 付加価値で向上図る

    2018/04/19 2:09

     沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)は、観光地形成に向けた市場調査や経営管理(マネジメント)を行う日本版DMOの広域連携DMOに正式登録され、18日、沖縄総合事務局で登録証を受け取った。登録は3月30日付。日本版DMOは全国70件が登録済みで、広域連携DMOはOCVBが全国で7件目。  登録証を受け取った平良会長は

  • <南風>うちなーむん

    2018/04/19 1:58

     うちなーんちゅの私は、県外や海外で「うちなーむん」を見つけると、嬉(うれ)しくてたまらない。県外のお店でオリオンビール、ハワイのスーパーで「くるま麩(ふ)」を見つけた時、感動を隠しきれず、近くにいる人に自慢したくなった。「うちーなーむん」をこよなく愛し、食生活から化粧品、日用品、アクセサリーに至るまで、私の日々の生活の中で沖縄県産品は欠かせない。その虜(とりこ)になったのは、機内販売業務がきっかけだった。  JTAは沖縄県産品にこだわった機内販売で沖縄の魅力を発信している