Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

01:30 沖縄の小学生がロボコン日本一に輝いたわけ【子どもの未来を拓くプログラミング教育@沖縄(9)】

27

03:30 木下大サーカスを100倍楽しむ㊙テク大公開! 

22

02:00 2018年の運勢を占ってもらった。→頑張る人に幸せは訪れる。 「てみた。」24

24

09:15 「プラモ虫」で自由な世界へ 〈づめレポ 4〉

16

01:30 合体! 変形!! 進化は続く 沖縄CMものがたり[7]琉球銀行

6

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • 西普天間に「郡道」跡 開発へ取り壊しも 識者、保存求める 宜野湾市

    2018/02/16 21:20 2

     【宜野湾】米軍キャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区の返還跡地で、戦前の郡道の跡とみられる「普天間旧道跡」が良好な状態で残っていたことが16日までに分かった。有識者は保存の必要性を指摘しているが、宜野湾市はすでに決まった跡地利用計画の変更は困難とみており、現状では取り壊す可能性が高い。  旧道跡が見つかった場所は

  • 続く「カメジロー旋風」 新刊本、売り上げ好調

    2018/02/16 21:10 2

     米統治下で圧政と闘った瀬長亀次郎さん(1907~2001年)を描いたドキュメンタリー映画のヒットに続き、瀬長さん関連の書籍が売れている。県内の書店は新刊「『米軍(アメリカ)が恐れた不屈の男』瀬長亀次郎の生涯」(講談社)の特別コーナーを設け、売り上げ上位にランクイン。「カメジロー旋風(せんぷう)」はまだまだ続きそうだ。  昨年8月、那覇市の桜坂劇場で映画

  • <社説>黒田日銀総裁再任へ 「出口戦略」を明確に

    2018/02/16 21:01 2

     政府は日銀総裁の黒田東彦氏を再任させる国会同意人事案を衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した。再任されれば、山際正道氏以来、半世紀ぶりに在任期間が5年を超える異例の総裁となる。  黒田氏は大規模な国債買いやマイナス金利政策

  • 県が辺野古サンゴ移植許可 1日までに国実施

    2018/02/16 21:00 2

     名護市辺野古の新基地建設工事で、県は16日、沖縄防衛局が昨年10月26日に申請した絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ1群体の特別採捕を許可した。県水産課は「環境省レッドリストに記載された希少種サンゴの採捕申請は初めてで、審査に時間を要した」と説明した。サンゴ移植の特別採捕は、翁長雄志知事が掲げる新基地建設の阻止に向けた知事権限の一つだったが、許可を出したことで新基地建設反対派の批判が強まる恐れがある。  辺野古新基地建設に関連するサンゴ移植の採捕許可は

  • 旧正祝い 書き初め披露 県立博物館・美術館 護得久さん、小禄高書道部とコラボ

    2018/02/16 20:00 2

     旧正月を祝して、大物民謡歌手キャラクターの護得久栄昇さんと小禄高校書道部による書き初めパフォーマンスが16日、那覇市の沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)のエントランスで開かれた。階段や1階を見下ろすことができる3階フロアまであふれた観客の前で、音楽に合わせたイラストと力強い書が披露された。  護得久さんは「達筆だからね、字のうまさを見せてあげようね」と宣言し、おなじみのせりふ「チャメ!」を連呼しながら小禄高の生徒らに交じり、文字を書き連ねた。縦3メートル横5メートルの書道用紙に「笑う門には福来たる」などと書かれた作品が完成すると、観客からは歓声が沸き上がった。書道部の高良香澄部長(2年)は「楽しくできた。(護得久さんの)字も素晴らしい」と話した。

  • 神様と一年の厄払い 宮古島・野原 旧正月控えサティパロウ

    2018/02/16 20:00 1

     【宮古島】国の重要無形民俗文化財に指定される宮古島市上野野原の伝統祭(さい)祀(し)「サティパロウ(里払い)」が14日、野原集落で行われた。  木彫りの仮面をかぶった来訪神・パーントゥに扮(ふん)した男の子を先頭に、草を身に着けた女性らが集落を練り歩き、旧正月を控えた集落の厄払いをした。途中の交差点では女性らが円になってパーントゥを囲み、「ホーイホイ」と声を上げながら厄を払った。  パーントゥに扮した上野小1年の根間愛斗君(7)は「村の行事に参加できて良かった。あと100年生きられるようにお祈りをした。来年もパーントゥになりたい」と笑顔で話した。

  • 県産キノコPRへ ロゴ決定 最優秀は内間さん

    2018/02/16 20:00 1

     県産キノコのロゴマークを募集していた県森林管理課は16日、採用が決まった作品の考案者を表彰した。県産キノコの普及と消費拡大に向けた取り組みの一環。最優秀賞に選ばれた内間桃花(とうか)さん(読谷村)のロゴマークは、キノコと「花笠」をかぶった人の姿を連想して仕上げた。  県内では、16事業者がキノコを製造し、2015年の生産量は1332トン。エノキやシメジが大半を占める。総務省の16年家計調査で、1世帯当たりの生鮮キノコ購入数量は那覇市が全国最下位で、県は県産キノコの消費拡大を目指している。

  • 時短の根拠は厚労省調査のみ 裁量制拡大は裏付けなく

    2018/02/16 10:42 1

     働き方改革関連法案に盛り込まれる裁量労働制を巡り、厚生労働省の調査結果に疑義が生じている問題で、同省がこの調査結果以外に、働く時間の縮減効果を示すデータを持っていないことが16日、分かった。政府はこれまで「裁量制の方が働く時間は短いというデータもある」と主張してきたが、客観的な裏付けが失われたことになり、野党の追及は必至だ。  一方、自民党内でも中小企業の支援策について法案に注文が相次いでいる。厚労省は与野党双方への釈明に追われており、当初2月下旬を予定していた国会提出が、3月にずれ込む見通しだ。

  • 厚労相、働き方法案の方針変えず 裁量労働制データ信用性問題で

    2018/02/16 4:52 1

     加藤勝信厚生労働相は16日の記者会見で、裁量労働制拡大を含む働き方改革関連法案を、現状のまま国会に提出する考えを示した。安倍晋三首相や加藤氏が「裁量労働制の方が労働時間の長さがより短くなるデータがある」と国会答弁後に撤回し、データの信用性が問題となっていた。  会見で加藤氏は法案について「(厚労相の諮問機関の)労働政策審議会が多面的な議論をし『おおむね妥当』と答申した。法案を提出すべく作業している」と述べた。

  • 所得税確定申告始まる ネット申告活用呼び掛け

    2018/02/16 2:43 3

     2017年分の所得税などの確定申告が16日、始まった。那覇税務署と北那覇税務署の合同確定申告会場となった浦添市産業振興センター結の街には午前中から多くの申告者が駆け付け、申告をしていた。  今年から医療費控除は領収書の提出が不要となる代わりに明細書の提出が必要となった。明細の作成で例年以上に申告会場の混雑と長い待ち時間が予想されている。  北那覇税務署の田畑哲郎副署長は「旧正月と重なったが多くの人が申告に来ている。混雑状況によっては受付時間を繰り上げることもあるので、早めの来場をお願いしたい。インターネットでの申告も活用してほしい」と呼び掛けた。