Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • 県道242号 復旧へ 沖縄・久米島町 大雨被害

    2018/07/05 1:43 10

     【久米島】記録的な大雨による土砂崩れで約1キロが通行止めになっている久米島町の県道242号で4日、南部土木事務所と町役場による現場視察が行われた。町役場によると崩落は目測で20メートルほどで、天候を見ながら早ければ5日から復旧作業に入るという。  また町は4日、町内の被害状況も確認した。県道242号の土砂崩れをはじめ床上浸水6件、床下浸水1件、民家のブロック塀の崩落1件、小規模な土砂崩れ1件の計10件の被害が確認された。町では同日、県道242号に流出した赤土を除去する作業を始めた。

  • 芭蕉布の「手仕事」体験 大宜味村 日本民藝協会40人来訪

    2018/07/02 1:26 9

     【大宜味】日本民藝協会のメンバー約40人は6月25日、沖縄県大宜味村喜如嘉の村立芭蕉布会館を訪れ、芭蕉布に使用される糸作りや機織りなどを体験した。  同協会は、24日に那覇市で全国大会を開いた。25日は大会参加者らが那覇市と読谷村で焼き物を見学するグループと、大宜味村での芭蕉布体験に分かれたバスツアーがあった。  芭蕉布会館を訪れたメンバーは繊維を裂き、つなぎ合わせる「糸作り」、布地を作る「機織り」を体験した。参加した浅井正次さん(51)=京都府=は「この難しい作業を経て、美しい芭蕉布が出来上がることを体感できて良かった」と話した。

  • 「ウミガメ甲羅とげとげ」 中城小学校 特別授業で生態学ぶ

    2018/07/02 0:55 13

     【中城】沖縄のウミガメについて学ぶ特別授業が6月26日、中城村の中城小学校であった。村内の砂浜でもウミガメの産卵が確認されており、地元の自然について知り、その豊かな環境を守る意識を持ってもらうことが目的。太平洋を回遊して成長し、沖縄でも産卵するアカウミガメを中心に、4年生がその生態について学んだ。  4年生の国語の教科書にウミガメの生態を調べる水族館の取り組みを紹介する単元があることから

  • 国頭の「くーやん」クッキーに 土産で好評、販売継続

    2018/07/01 2:30 24

     【国頭】国頭村観光物産センターと隣接する「やんばる3村観光連携拠点施設・フードコート」「YuiCafe道の駅カフェ」が、4月の「道の駅・ゆいゆい国頭創業感謝祭」で新商品として限定販売した国頭村の公認キャラクター“くーやん”をイメージしたクッキーが「おいしい」「かわいい」「お土産に上等」などと話題になり、パッケージなどに改良を加え、継続販売されている。  クッキーは縦

  • 【台風7号】沖縄本島地方、1日昼すぎ暴風警報発表の見込み

    2018/07/01 2:22 14

     台風7号は1日午前9時現在、那覇市の南約290キロの海上を1時間におよそ20キロの速さで北北西に進んでいる。発達しながら北上し、暴風域を伴いながら1日夜から2日未明にかけ、久米島と沖縄本島地方に最接近する見込み。  1日午前9時現在、中心の気圧は

  • 米軍北部訓練場跡で薬きょうなど廃棄物 有害物質恐れも

    2018/07/01 1:41 10

     【国頭】沖縄県国頭村安田の米軍北部訓練場跡地で、米軍のものとみられる複数の空薬きょうや、腐敗した一斗缶などの廃棄物が見つかっていたことが30日までに分かった。廃棄物は2017年1月に写真家の平井茂さん(45)が発見した。  廃棄物が見つかったのは

  • 悲劇繰り返さない 市民、宮森小慰霊祭で継承誓う

    2018/07/01 0:46 13

     【うるま】1959年に米軍戦闘機が旧石川市の宮森小学校に墜落した事故の犠牲者18人を追悼する慰霊祭(主催・遺族会、石川・宮森630会)が30日午前、事故当時の時刻に合わせ、沖縄県うるま市の同小学校で開かれた。約120人が参加し、事故を風化させず、語り継ぐことを決意した。  慰霊祭には小さな子どもを連れて参列する人の姿も多く見られた

  • 米ジュゴン訴訟が結審 米側手続き適正さ争点 数カ月内に判決か

    2018/06/30 2:32 25

     絶滅危惧種ジュゴンを保護するため、日米の環境保護団体が米国防総省を相手に名護市辺野古の新基地建設工事の差し止めを求めた米ジュゴン訴訟差し戻し審の公開審理が28日(現地時間)、米サンフランシスコ連邦地裁で開かれた。双方が最終の意見を述べ、結審した。保護団体側によると、数カ月以内に判決が出る見通し。県民の多くが新基地建設に反対する中、どのような判決となるか注目される。  争点は工事がジュゴンの生息に与える影響について

  • 北部訓練場跡地、国立公園に 世界遺産向け3700ヘクタール編入

    2018/06/30 2:24 16

     【東京】環境省は29日、米軍北部訓練場の跡地を含む沖縄本島北部の森林約3700ヘクタールを「やんばる国立公園」に編入したと発表した。政府はやんばる国立公園などを世界自然遺産候補として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦したが、ユネスコ諮問機関から訓練場跡地の森林も推薦範囲に加える必要があるなどとして、登録延期を勧告された経緯がある。国立公園編入で指摘事項の一つを解決したことになり、中川雅治環境相は「早期の世界遺産登録に向けた大きな一歩になる」と意義を語った。  環境省は返還地を調査し

  • 徳原さん4階級県記録 85歳、砲丸投げ8メートル85 年代別70代から連続樹立

    2018/06/30 1:27 13

     【嘉手納】嘉手納町水釜に住む徳原清繁さん(85)が、沖縄市の県総合運動公園でこのほど開かれた県マスターズ陸上競技大会の砲丸投げで8メートル85センチを記録し、85~89歳クラスの県記録を80センチ以上更新して優勝した。徳原さんはマスターズの砲丸投げ種目で70~74歳、75~79歳、80~84歳の各クラスでも県記録を持っており、四つ目の県記録の樹立となった。徳原さんは「次は90歳で県記録を出したい」と意気込んでいる。  砲丸投げは