Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

02:00 街の小さな本屋さんに行ってみた。→新しい世界の扉が開いた。 「てみた。」42

13

02:00 パン屋さんに名前の由来を聞いてみた。→味に負けぬこだわりをみた。 「てみた。」43

8

03:00 きっかけは米NYゲイバーでの出来事だった ◇アメリカから見た! 沖縄ZAHAHAレポート(12)

13

09:00 沖縄で「食いだおれ!」 たこ焼きにお好み焼き、生どら焼も! 〜泉崎だより〜 

39

04:30 部品落下「現場視察を」 外務省に、保育園父母ら

11

02:41 平和願う心 音色に乗せ 被爆ピアノと被爆アオギリ二世 西原の塔演奏会で対面実現

17

01:11 宮森小 平和な空願う 米軍機墜落59年 児童ら慰霊祭

13

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • 米ジュゴン訴訟が結審 米側手続き適正さ争点 数カ月内に判決か

    2018/06/30 2:32 5

     絶滅危惧種ジュゴンを保護するため、日米の環境保護団体が米国防総省を相手に名護市辺野古の新基地建設工事の差し止めを求めた米ジュゴン訴訟差し戻し審の公開審理が28日(現地時間)、米サンフランシスコ連邦地裁で開かれた。双方が最終の意見を述べ、結審した。保護団体側によると、数カ月以内に判決が出る見通し。県民の多くが新基地建設に反対する中、どのような判決となるか注目される。  争点は工事がジュゴンの生息に与える影響について

  • 北部訓練場跡地、国立公園に 世界遺産向け3700ヘクタール編入

    2018/06/30 2:24 5

     【東京】環境省は29日、米軍北部訓練場の跡地を含む沖縄本島北部の森林約3700ヘクタールを「やんばる国立公園」に編入したと発表した。政府はやんばる国立公園などを世界自然遺産候補として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦したが、ユネスコ諮問機関から訓練場跡地の森林も推薦範囲に加える必要があるなどとして、登録延期を勧告された経緯がある。国立公園編入で指摘事項の一つを解決したことになり、中川雅治環境相は「早期の世界遺産登録に向けた大きな一歩になる」と意義を語った。  環境省は返還地を調査し

  • 徳原さん4階級県記録 85歳、砲丸投げ8メートル85 年代別70代から連続樹立

    2018/06/30 1:27 6

     【嘉手納】嘉手納町水釜に住む徳原清繁さん(85)が、沖縄市の県総合運動公園でこのほど開かれた県マスターズ陸上競技大会の砲丸投げで8メートル85センチを記録し、85~89歳クラスの県記録を80センチ以上更新して優勝した。徳原さんはマスターズの砲丸投げ種目で70~74歳、75~79歳、80~84歳の各クラスでも県記録を持っており、四つ目の県記録の樹立となった。徳原さんは「次は90歳で県記録を出したい」と意気込んでいる。  砲丸投げは

  • 宮森小 平和な空願う 米軍機墜落59年 児童ら慰霊祭

    2018/06/30 1:11 13

     【うるま】うるま市石川(旧石川市)の住宅地や宮森小学校に墜落した石川・宮森ジェット機墜落事故から59年となるのを前に、児童会が主催する慰霊祭が29日、同校で開かれた。児童ら約550人が参加し、犠牲者のみ霊を慰めた。  慰霊祭では、児童の代表は事故で亡くなった18人の名が刻まれた慰霊碑「仲よし地蔵」に花と千羽鶴を手向け、事故の教訓と平和な未来を願う歌「ふくぎの木」を合唱した。  遺族会の上間義盛さん(75)も参列し「皆さん、立派な大人になってください」と呼び掛けた。児童会の池宮城由奈(よちな)さん(11)は「このような悲惨な事故を二度と起こしてはいけないと思う。後輩や知らない人に事故を語り継いでいきたい」と語った。

  • 美ノ海、故郷に錦 市役所や介護施設訪問

    2018/06/30 0:56 7

     【うるま・宜野湾】うるま市出身で新十両昇進を果たした美ノ海(本名・木崎信志)さん(25)が29日、島袋俊夫市長を表敬訪問した。美ノ海は「プロ入りし、周囲の人だけでなく地域の人にも応援してもらえるようになった」と笑顔を見せた。  島袋市長は

  • 【台風7号】沖縄本島30日夜の始めから強風域へ 暴風域は1日昼過ぎから夕方にかけて

    2018/06/30 0:27 5

     沖縄気象台によると、台風7号は30日午前5時5分現在、沖縄の南を発達しながら北上し、7月1日昼過ぎから夕方に沖縄本島にかなり接近する見込み。  29日夜の予報の時点より少し速度を落としており

  • 〝アムロ愛〟熱く語る 那覇でファン、25年振り返り

    2018/06/29 21:30 6

     県出身歌手の安室奈美恵さんについて語るトークイベント「安室奈美恵を語る会」が29日、那覇市のライブハウスOutputで開催された。安室さんのファンで音楽情報サイト「ビルボードジャパン.com」の編集部などでライターとして活躍している平賀哲雄さんが企画した。会場には大勢の“安室ちゃんファン”が駆け付け、9月16日に引退する安室さんの25年間を振り返った。  イベントは

  • 忘れぬ惨事 悲しみ癒えず 響く爆発音 火だるまの児童

    2018/06/29 20:00 3

     「あの日のことを忘れたことはない」。1959年6月30日午前10時40分ごろ、教室にいた新里律子さん(87)=恩納村=の耳に突如、大きな爆発音が響いた。児童ら18人が犠牲となり、戦後沖縄で最大の米軍事故である石川市(現うるま市)の宮森小米軍ジェット機墜落事故から59年。4年生の学級担任だった新里さんは「何十年たっても悲しみは癒えない」と目を潤ませた。  事故直後、はぎ取られた屋根の上にタンクのようなものがあったのを目撃した

  • 県立図書館が休館 さよならコンサート開催 12月、泉崎に移転

    2018/06/29 20:00 4

     那覇市泉崎への移転に伴い、同市寄宮で業務を続けてきた県立図書館が29日、完全休館となり、開館以来38年にわたる寄宮での歴史に幕を閉じた。同日、「さよならコンサート~本とカルテットの響~」が開かれ、普段は静かな図書館に弦楽四重奏の美しい音色が響き渡った。100人を超える県民が訪れ、休館前の「最後の時」を共有した。  コンサートは作家

  • ナンセイ 沖縄型ドローン開発へ 強風、スコールにも強く

    2018/06/29 20:00 4

     琉球政府時代の公文書のデジタルアーカイブ化事業などを手掛けるNansei(ナンセイ、那覇市、砂川哲男社長)は29日、産業用ドローン関連の事業を開始すると発表した。産業用ドローンを開発、製造するPRODRONE(名古屋市、河野雅一社長)と販売契約を結び、強風や突然の大雨の中でも飛行できる沖縄海洋型ドローンの開発を目指す。  Nanseiはこれまで