Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

02:00 受験生、応援してみた。→「サクラ咲け」と切に願った。 「てみた。」27

47

03:30 木下大サーカスを100倍楽しむ㊙テク大公開! 

56

02:00 ケービン跡、歩いてみた。→“鉄道旅”にロマンを感じた。 「てみた。」30

33

22:00 「賛成」「反対」の二項対立を止めるのは誰? ウィメンズ・マーチに行って来た!(下) アメリカから見た! 沖縄ZAHAHAレポート(8)

50

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • 県道文書開示認めず 高裁那覇支部 沖縄県側の控訴棄却

    2018/04/17 20:00

     沖縄県東村高江などを通る県道70号の日米共同使用に関し、日米両政府と県が結んだ協定書などの公文書について、両政府の同意を得ずに県が開示決定したのは違法だとして、国が県の決定取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部の多見谷寿郎裁判長は17日、違法性を認定し開示決定を取り消した昨年3月の一審那覇地裁判決を支持、県側の控訴を棄却した。  翁長雄志知事は

  • 「辺野古」県民投票 元山氏に聞く 停滞打破、再論の新風を 撤回向け民意明確に

    2018/04/17 20:00

     米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設問題で、建設の是非を問う県民投票を研究してきた学者や学生でつくるグループが「『辺野古』県民投票の会」を組織し、投票条例制定の請求に必要な署名集めを5月から始める。請求代表者には呉屋守将金秀グループ会長、新垣勉弁護士、仲里利信前衆院議員らが名を連ね、早ければ9月の統一地方選、遅くとも秋の県知事選と同日の実施を目指す。会の代表に就いた一橋大大学院生の元山仁士郎さん(26)に狙いなどを聞いた。

  • 知事会長、7年ぶり交代 埼玉・上田氏を正式選出

    2018/04/17 18:08

     全国知事会は17日、東京都内で会合を開き、埼玉県の上田清司知事(69)を新会長に正式に選出した。任期は2年。山田啓二前会長(64)の京都府知事退任に伴い10日まで推薦を受け付け、35知事が推した上田氏以外に候補者が出ず無投票となった。会長交代は7年ぶり。  上田氏は会合後の記者会見で、アベノミクスの恩恵が地方に行き渡らず、地域間格差が拡大していると指摘。「日本が抱える課題は地方にある。解決するモデルケースを国に提案する先進的な組織にしたい」と抱負を語った。

  • TPP承認案が衆院で審議入り 再交渉回避へ早期可決狙う

    2018/04/17 18:08

     米国を除く11カ国で署名した環太平洋連携協定(TPP)の承認案が17日、衆院本会議で審議入りした。米国が再交渉を前提にしたTPP復帰に意欲を示すのに対し、再交渉を回避したい政府、与党は今国会で速やかな可決を狙う。ただ、相次ぐ政府の不祥事が響き承認が遅れる懸念もある。  発効には6カ国以上の国内承認が必要で、参加国は早ければ年内の実現を視野に入れる。日本は率先して協定を承認し、各国の手続きに弾みをつけたい考えだ。

  • 沖縄・翁長氏擁立の方針確認 知事選で県政与党など

    2018/04/17 18:08

     沖縄県の翁長雄志知事を支援する県政与党や企業・団体の代表者が17日、那覇市で会合を開き、秋の知事選で翁長氏の擁立を目指す方針を確認した。自身の膵臓腫瘍を公表した翁長氏は、これまで出馬への態度を明らかにしていない。  取りまとめ役の新里米吉県議会議長は会合後、記者団に「翁長氏の復帰は間違いない」と述べ、公務に戻った上での再選出馬に期待感を示した。翁長氏は月内に確定診断を兼ねた手術を受けた後、早期に公務復帰する意向を表明している。

  • 首相、18日に米大統領と会談 拉致問題の提起要請へ

    2018/04/17 18:08

     安倍晋三首相は米フロリダ州パームビーチを現地時間17日午後(日本時間18日未明)に訪れ、トランプ米大統領との首脳会談に臨む。北朝鮮による日本人拉致問題について、6月上旬までの開催が見込まれる米朝首脳会談で提起するよう要請。北朝鮮で拘束されている米国人3人の早期解放と合わせ、北朝鮮の人権問題について日米が連携して取り組む方針を改めて確認したい考えだ。  両首脳はトランプ氏の別荘で2日にわたり計3回の会談を実施。首相到着後の現地時間17日午後、通訳だけを交えた一対一形式の会合や少人数の会合を開く。翌18日午後の会談は通商・貿易問題が中心テーマとなる見通し。

  • 財務省調査方針に野党批判続出 セクハラ疑惑、鑑定せず

    2018/04/17 18:08

     財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を巡り、野党の合同ヒアリングが17日、国会内で開かれた。福田氏によるセクハラとされる音声について、声紋鑑定を自らは実施しない方針などを財務省側が説明したことで、顧問弁護士に委託した調査の方法が不適切だと批判が続出。野党は、首相官邸が事前に了解していたとして政権全体の責任を追及する構えを強めた。被害を受けた女性記者らに協力を要請したことに、この日は与党側からも疑問の声が上がった。

  • 柳瀬氏、23日参考人招致 予算委集中で自民方針

    2018/04/17 18:08

     自民党は17日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設などを巡って23日に衆院予算委員会の集中審議を行い、柳瀬唯夫元首相秘書官らを参考人として招致する方針を決めた。自民党の菅原一秀与党筆頭理事が、野党が欠席しても開催する方針を立憲民主党の逢坂誠二野党筆頭理事に伝えた。野党の反発は必至だ。  参考人招致は与野党が全会一致で決定するのが原則。野党側は虚偽証言をした場合に罰則がある証人喚問の実施を求めており、参考人招致で折り合えない場合は、柳瀬氏に出席は求めずに集中審議を行うだけにとどまる可能性も残っている。

  • 自民参院幹事長が首相に苦言 最大の欠点「友人かばうこと」

    2018/04/17 18:08

     自民党の吉田博美参院幹事長は17日、東京都内で開いた政治資金パーティーで「安倍晋三首相の最大の長所は友人を大事にすることで、最大の欠点はその人たちをかばい切ることだ。駄目なものは駄目と明快にすることも大事な時だ」と述べ、首相に苦言を呈した。加計学園問題や財務次官のセクハラ疑惑、自衛隊の日報隠蔽などを念頭に置いた発言とみられる。  2009年衆院選で自民党が政権を下野することになった理由を「党がばらばらになったからだ」と分析。「私たちは首相の下にこの難局を乗り切ることを誓う」と結束を呼び掛けた。

  • 20年夏に北朝鮮非核化案 日米韓3カ国で浮上

    2018/04/17 18:08

     北朝鮮の核開発を巡り、2020年夏ごろまでの核完全廃棄を目指す案が日米韓3カ国内で浮上していることが分かった。複数の日米外交筋が17日、明らかにした。非核化で合意しながら北朝鮮に時間稼ぎと核開発を許した過去の反省から、段階的な対応への見返りを与えずに、短期間で実現を目指す狙いがある。安倍晋三首相による17~20日の訪米時における日米首脳会談で取り上げられる可能性もある。  会談で首相はトランプ米大統領と「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の達成に向けたロードマップ(行程表)の具体化へ詰めの協議をする考えだ。