Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 49 クエリの «てみた»

2018/05/22 2:00 沖縄料理一番人気は? 調査してみた。→うまいものに貴賎なし。 「てみた。」39

南部の調査結果にあった「シカムドゥチ」。イナムドゥチ? と思わず聞き返してしまうメニューだが「与那原では給食に出ていました。イナムドゥチのみそがない汁物です」とはんみね記者。ますます気になるたぶちゃん記者。 県発行の健康教育の副読本によると、昔はイノシシ肉を用いていたため「イナ(いのしし)もどき」がなまったとされるイナムドゥチに対し、シカムドゥチは昔、シカ肉を使っていたという。今はどちらも豚肉で、短冊切りのかまぼことこんにゃくなどが具材だ。

2018/05/15 2:00 泡盛商品、試してみた。→下戸でも味を楽しめた。 「てみた。」38

泡盛原料の黒麹(こうじ)菌を沖縄で唯一製造し、県内泡盛メーカーの約8割に出荷する石川種麹店(北谷町)。黒麹菌を製造する傍ら、玄米に黒麹菌が浸透する過程で搾ったのが「黒麹玄米ドリンク」だ。玄米の食物繊維やビタミン、黒麹菌が発酵して出たクエン酸などが豊富に含まれる。 クエン酸は疲れが取れる効果もあるとされ

2018/05/01 2:00 沖縄県警察に潜入(?)してみた。→日々鍛錬に脱帽した。 「てみた。」37

一体どれほどの訓練を重ね、業務に励んでいるのか―。犯人を追い詰める技術とは? 興味を持った県警記者クラブに勤務する4人の記者が県警へ潜入(?)してみた。 「本気で声を出しているのか 2

2018/04/24 2:00 沖縄芝居の舞台美術に迫ってみた。→裏方の美学を感じた。 「てみた。」36

 四大歌劇の一つ「奥山の牡丹(ぼたん)」の最後の場面に使われる舞台美術。牡丹の書き割り(背景を描いた大道具)は3種類の花の型を作り、表と裏を使うことで計6種類の花の形を生み出す。  主人公チラーが住むかやぶきの家は板に絵を描き 2

2018/04/17 2:00 沖縄そば、一から作ってみた。→沖縄の食の魂に触れた。 「てみた。」35

歴史講義から約50分が経過したところで、ようやく沖縄そば作りが始まった。親方も「まさかこんなに質問攻めされるとは」とたじろぐほどの質問を重ねた記者2人。いよいよ小麦粉をこねようと鼻息を荒くしていると、親方が一言。 不思議と愛着が出てくる自作の塩が完成したところで 3

2018/03/27 2:00 外国人観光客に突撃取材してみた。→知らない沖縄が広がっていた。 「てみた。」33

日本屈指の観光立県、沖縄。沖縄と海外を結ぶ格安航空会社(LCC)や大型クルーズ船の就航も相次ぎ、人気は右肩上がり。わずか10年前までは年間9万6800人だった外国人入域観光客数は212万人(2017年度)に達するなど、ハワイに並ぶリゾートアイランドに成長した。 「外国人から見た沖縄の魅力って何だろう 2

2018/03/20 2:00 着物の魅力を探ってみた。→お国柄の違いが見えた。 「てみた。」32

最近、那覇市久茂地のビル街や首里城、波上宮かいわいを着物姿で闊歩する人を見掛けませんか? 彼女ら彼らの多くは県外、海外から来た観光客だ。成人式も大学の卒業式も着物に袖を通さずにきた記者。人々がこぞって着物姿で練り歩くわけを探ってみた。 今月2日の午後。那覇市の平和通りにある 4

2018/03/13 2:00 クースの世界、触れてみた。→こだわりも味わいも深かった。 「てみた。」31

クースを育てる技法を「沖縄の文化」と論じる人、鍾乳洞を利用した酒蔵で地域興しを目指す人、泡盛の熟成を研究する収集家を回り、クースの世界に触れてみた。 甕に入ったクースをちょっと飲んで 3

2018/02/27 2:00 ケービン跡、歩いてみた。→“鉄道旅”にロマンを感じた。 「てみた。」30

1914年12月の開業から沖縄戦によって破壊されるまで、県内を「シッタンガラガラ」と走っていた沖縄県営鉄道。県民は「ケービン(軽便)」と呼んで親しんだ。  嘉手納線の跡を追ったまつどう記者は 78

2018/02/20 2:00 沖縄政治の舞台 歩いてみた。→激動の歴史を感じた。 「てみた。」29

 沖縄の歴史の転換点となった-。そう言っても過言ではない沖縄の戦後政治の舞台となった場所がある。米国統治下から1972年の日本復帰を経て現在の2010年代まで、戦後沖縄の激動の歴史を見詰めてきたあの場所を政治部記者が歩いてみた。  びょうぶの文字は 5