Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 1000 クエリの «オバマ»

2019/01/13 2:04 カストロ氏 米大統領選出馬表明、オバマ政権の住宅都市開発長官 TBS NEWS

 来年11月に行われるアメリカ大統領選挙に向けて、12日、民主党からオバマ政権の住宅都市開発長官でヒスパニックのフリアン・カストロ氏が出馬を表明しました。  メキシコ移民 12

2019/01/11 4:28 米国務長官、オバマ前大統領の中東政策を批判

[カイロ 10日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は10日、カイロで演説し、オバマ前大統領の中東政策を批判した。中東地域をイスラム武装勢力やイランの影響下に放置し、混乱の種をまいたとしている。 同長官は、オバマ氏が 59

2019/01/10 4:16 コラム:トランプ氏、「壁」巡る非常事態宣言はパンドラの箱

[ワシントン 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領はメキシコ国境の壁建設問題で、国家非常事態の宣言により議会を通さないで費用を捻出することも視野に入れている。 理屈の上では 9

2019/01/09 2:39 コラム:米政府閉鎖巡る対立、より怖い「本丸」の問題に波及も

[ワシントン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦政府機関の一部閉鎖は、財政運営を巡るより大きな政治的なぶつかり合いが待ち受けていることを示す不吉な兆しと言える。 政府機関閉鎖は 4

2019/01/07 18:32 世銀のキム総裁、2月1日に退任へ 任期3年以上残し

[ワシントン 7日 ロイター] - 世界銀行は7日、キム総裁(59)が2月1日に退任すると発表した。2022年までの任期を3年以上残して職を退くことになる。 オバマ元米大統領に推薦されたキム総裁は、グリーンエネルギー事業への資金提供を推進する一方、石炭発電に対する投資支援を大幅に削減。公にはトランプ政権との衝突を回避してきた。 もっとも、米国は世銀の議決権の過半数を保有しており、トランプ大統領はキム総裁の後任者選任に強い影響力を持つ。世銀総裁はこれまで米政権によって米国人が選任されてきた経緯がある。 14

2019/01/07 0:32 米朝再会談、開催地近く発表か トランプ氏が見通し

 トランプ米大統領は6日、米ホワイトハウスで記者団に対し、2回目の米朝首脳会談の開催地について「そう遠くない将来、公表されるだろう」という見通しを示した。一方、北朝鮮に対する経済制裁は「(非核化に向け)とても前向きな証拠がない限りは維持される」とも語った。  トランプ氏は北朝鮮の非核化をめぐる米朝交渉に関し、「私は間接的に北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と話をした」と述べ、「(北朝鮮側と)とても良い対話を行っている」と強調。「(オバマ)前政権が続いていれば、アジアでは北朝鮮と大戦争がいま起こっていただろう」と語った。非核化協議が進展してないという批判が米政界で強まっていることを意識し、トランプ政権としてはすでに緊張緩和という外交的成果をあげた、と強調したものとみられる。 15

2019/01/03 12:51 トランプ氏「マティス氏をクビ」 軍関係者が反発の恐れ

 トランプ米大統領は2日の閣議で、昨年末に米軍のシリアからの撤退に反対して辞任したマティス前国防長官に強い不満を表明したうえで、「(マティス氏を)クビにした」と述べ、自身がマティス氏を解任したことを強調した。同盟重視派のマティス氏が不在となることで、安全保障政策をめぐるトランプ政権の内向き志向が加速する恐れがある。  トランプ氏は 12

2018/12/31 15:58 コラム:株からトランプ対抗馬まで、2019年の世界を予想

[26日 ロイター] - 2020年の米大統領選に向け、現職トランプ氏に対抗するために野党・民主党は同年7月の党大会で誰を正式候補に指名するのか、1年7カ月にわたり波乱に満ちた日々が続くだろう。 前回の大統領選挙では 13

2018/12/28 5:55 米中対立、伏線はオバマ時代に 「気づいたら手遅れ」

 貿易紛争から安全保障分野にまで波及し始めた米中の対立。これまで両国は接近と警戒を繰り返しながらも、幾重ものパイプを築き関係を深めてきた。にもかかわらず、なぜ急速に関係は悪化したのか。その伏線はどこにあったのか。  外国資産管理室 18

2018/12/27 2:07 「ネット中立性」めぐる争い、2019年も続く--舞台は議会から法廷へ

UPDATE オバマ政権下で導入された規制の復活を望む議員らが、ネット中立性規則の廃止決定の撤回を求められる期間は過ぎてしまった。しかしその争いが終わる気配はない。戦いの場は連邦控訴裁判所へと移ろうとしている。  米民主党下院議員らは、議会審査法(Congressional Review Act)を適用して連邦通信員会(FCC)によるネット中立性規則の廃止決定を覆すために必要な票数を、2018年末までに集めることができなかった。共和党主導のFCCは2017年12月に、2015年に制定されたこの規則の廃止を承認した。ネット中立性規則は、インターネット上のすべてのトラフィックを平等に扱うために制定されたものだ。  Donald Trump米大統領が任命したAjit Pai委員長率いるFCCは 26