Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 1000 クエリの «オリンピック»

2019/01/15 15:37 竹田会長、IOC委員会欠席へ 「個人的な理由」で

 国際オリンピック委員会(IOC)は15日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長から19日にスイス・ローザンヌで開かれるIOCマーケティング委員会の会合を欠席するとの連絡があったと明らかにした。「個人的な理由」との説明があったという。同委員会の委員長の重責を担う竹田氏は、2020年東京五輪招致で不正があった疑いで、フランス司法当局の捜査の対象になり、IOC倫理委員会の事情聴取を受けたばかり。 59

2019/01/15 12:27 竹田会長、質問受けず印象悪化 リスク管理の教訓どこへ

 口を真一文字に結んで、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は東京五輪・パラリンピック招致への汚職関与疑惑に関する15日の会見で「自らの潔白を証明すべく全力を尽くして参ります」と淡々と述べた。その思いが見ている人に伝わったか、はなはだ疑問だ。  竹田会長は今回の問題について 40

2019/01/15 8:53 JOC竹田会長 潔白訴え、7分の会見 質問受け付けず TBS NEWS

 来年の東京オリンピックの招致をめぐる贈賄疑惑について、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恆和会長が会見しました。改めて自らの潔白を訴えましたが、会見はわずか7分で質問も受け付けませんでした。  来年に迫った東京オリンピック 47

2019/01/15 7:18 鈴木大地長官「疑惑晴らすべく説明を」 五輪招致疑惑

 スポーツ庁の鈴木大地長官は15日、日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が2020年五輪招致を巡る贈賄疑惑を否定する記者会見を開いたことを受け、「以前から話していることとあまり変わりがなかった」と述べた。東京大会のイメージが悪化している点には「会長ご自身で疑惑を晴らすべく、説明責任を果たすことになるだろう」と語った。竹田会長が会見で記者の質疑応答を受けなかったことに関しては問題視しなかった。  鈴木長官自身も東京大会の招致委員会の一員だったが、「地道に愚直にやっていた。(疑惑になっているような)大きな話は、我々末端には伝わってこなかった」と振り返った。 41

2019/01/15 5:59 海外メディア「かえって疑惑深まった」 竹田会長の会見

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡る贈賄疑惑問題について、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が15日、東京都内で記者会見し、関与を改めて否定した。質問を受け付けず、竹田会長による説明も7分で終了。記者会見に出た海外メディアは疑惑やその対応をどうみたのか。  2016年のリオ五輪も取材したAPのスティーヴン 13

2019/01/15 3:55 JOC竹田会長「契約に違法性はない」 会見の発言全文

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡る贈賄疑惑問題について、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が15日に東京都内で行った会見での発言内容は次の通り。  おはようございます 18

2019/01/15 3:50 コンサル契約に違法性なし、仏当局に全面協力=竹田JOC会長

[東京 15日 ロイター] - 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日、東京オリンピック・パラリンピックの招致を巡る贈賄容疑で仏当局が同会長に対する捜査を始めたことを受け記者会見した。自らが理事長を務めていた五輪招致委員会(既に解散)とシンガポールのコンサルタント会社ブラック・タイディングの契約には違法性がないとし、「仏当局に全面的に協力することを通じ、自らの潔白を証明すべく全力を尽くす」と述べた。 竹田会長は 22

2019/01/15 3:09 竹田会長に厳しい声 「質問なし、会見と呼べるのか」

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡る汚職の疑いを日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が否定した会見が、質問を受け付けなかったことで、会見場ではJOCの広報責任者が、メディアに質問攻めにあった。  その後、記者から「7分しか話さないで、質問を受けないなんて、これだけ人を集めておいて、失礼だ」と問われると、JOC広報は「フランス当局が捜査中のため、慎重に審議した結果、質問は受けないことを判断した」と述べた。  外国人記者からは「竹田さんは起訴されていないと言っているが、(仏国内の報道では現在の状態は)起訴に近い」との質問が出たが、広報は「起訴されたと言う事実は聞いていない。これから審査が始まるという認識」と述べ、かみ合わなかった。 15

2019/01/15 3:04 JOC竹田会長が会見 コンサルへ支出「通常の手続き」

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致に絡み、フランス当局の調べを受けている日本オリンピック委員会(JOC)トップの竹田恒和会長(71)が15日、記者会見し、みずから不正を否定した。質疑応答に応じなかったため、記者会見は7分で終了。一方的に正当性を主張する場に終始した。  記者会見場の岸記念体育会館 28

2019/01/15 3:02 潔白を証明すべく全力尽くす=竹田JOC会長

[東京 15日 ロイター] - 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日、東京オリンピック・パラリンピックの招致を巡る贈賄容疑で仏当局が同会長に対する捜査を始めたことを受けて記者会見した。 竹田会長は、自らが理事長を務めていた五輪招致委員会(既に解散)とシンガポールのコンサルタント会社ブラック・タイディングとの契約は、ロビー活動と情報収集が目的であったと説明。その後JOCが設置したチームによる調査報告書も、この契約は適正な承認手続きを経たものと確認していると強調し、「自らの潔白を証明すべく全力を尽くす」と述べた。 ブラック・タイディングとの契約の意思決定プロセスには自ら関与していないとも話した。昨年12月にパリで仏当局からヒヤリングを受けたことも明らかにした。 70