Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 744 クエリの «ゴーン前会長»

2019/01/16 5:29 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求する方針=関係筋

日産は2010年、新興企業への投資を目的としてオランダに子会社「ジーア・キャピタルB.V.」を設立したが、関係筋によると、実際はゴーン前会長が自身の報酬や住宅費用などを支払う目的に使っていた。 ゴーン前会長は日産の経費で東京 102

2019/01/16 3:27 ルノーがゴーン被告の会長職解任か、フランス紙報じる TBS NEWS

 フランスの新聞フィガロは、ルノーが20日の取締役会で新しいCEOに現在暫定CEOのティエリー・ボロレ氏、会長にフランス・タイヤ大手ミシュランCEOのジャンドミニク・セナール氏を選任する可能性があるとしています。また、経済紙レゼコーはトヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長が新たなCEOとして浮上していると報道。ゴーン被告が保釈されないことを受け、ルノー側が体制の変更を加速化しているものとみられます。  こうした報道に先立ち、14日には筆頭株主であるフランス政府のルメール経済・財務相もゴーン被告の長期間の不在は日産・ルノーのアライアンスに影響が大きいとして、経営陣を変更する可能性を示唆していました。 72

2019/01/16 2:35 ゴーン前会長の三つの「私邸」に34億円超 日産経費で

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告に日産の海外子会社などを通じて高級住宅が提供されていた問題で、少なくとも海外の3都市で住宅が購入され、改装を含めた費用として計34億円超が支出されていたことが日産関係者への取材でわかった。  関係者によると 66

2019/01/16 2:17 ルノーが新体制を準備か ゴーン会長解任観測、仏紙報道

 仏紙フィガロ(電子版)は15日、役員報酬の過少記載の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告(64)が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノーが、20日にも取締役会を開き、新体制の人事を議論する見通しだと報じた。ゴーン被告を解任する観測が強まっている。  同紙によると 57

2019/01/15 19:20 ゴーン被告の保釈認めず、勾留長期化に“批判”も TBS NEWS

 特別背任の罪で追起訴された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告について、東京地裁は15日、保釈を認めない決定をしました。最初の逮捕からおよそ2か月。勾留はさらに長期化する見通しになりました。  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告は、個人的な損失の保証に協力したサウジアラビアの実業家の会社におよそ13億円を不正に支出させたなどとして、今月11日に追起訴されました。  ゴーン被告の弁護士はこの決定を不服として準抗告するとみられますが、勾留がさらに長期化することで、海外からの批判が再び高まる可能性もあります。 63

2019/01/15 10:43 ゴーン被告 保釈認めず、東京地裁が決定 TBS NEWS

 特別背任の罪で追起訴されたカルロス・ゴーン被告について、東京地裁は15日、保釈を認めない決定をしました。東京拘置所前から寺川記者の報告です。  午後3時すぎに東京拘置所を訪れた弁護士は 44

2019/01/15 7:11 ゴーン被告 保釈認めない決定、東京地裁 TBS NEWS

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)は、個人的な損失の保証に協力した知人でサウジアラビアの実業家の会社におよそ13億円を不正に支出させたなどとして、特別背任の罪で今月11日に追起訴されました。ゴーン被告の弁護士は裁判所に保釈を請求していましたが、東京地裁がこの請求を認めない決定をしました。  ゴーン被告の弁護士は、この決定を不服として準抗告するとみられます。弁護士が準抗告した場合、東京地裁が再び保釈の可否について判断しますが、弁護側の申し立てを再び退けた場合はゴーン被告の勾留が続くことになります。 15

2019/01/15 6:48 ゴーン前会長、保釈認めない決定 東京地裁、請求退ける

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が私的な損失を日産に付け替えたなどとして起訴された事件で、東京地裁は15日、前会長の弁護人による保釈の請求を退ける決定を出した。東京拘置所での前会長の身柄の拘束は、さらに長期化しそうだ。  東京地検特捜部が 12

2019/01/15 4:24 「ゴーン氏がルノー会長職、無理」 仏ルモンド紙が社説

ルノー 仏紙ルモンド(電子版)は14日、日産自動車の会長を解任されたカルロス・ゴーン被告(64)について、仏ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)からも解任されるべきだ、との社説を掲載した。  同紙は「日産とルノーの提携関係は日に日にもろくなっている」として、関係修復が必要と指摘。「ゴーン氏が職にとどまるのは客観的にみて無理で、時間が経つごとに、ルノーの経営陣は(解任の)引き延ばしの正当化が難しくなる」とした。  解任には「ルノーの取締役会が裁判所になる必要はない」とも触れ、日本の検察が握る証拠の開示や判決を待たなくても、日産が提供した社内調査結果で十分判断できるはずだ、と示唆した。 18

2019/01/15 2:52 ゴーン被告 不正流出先、自動車関連事業行わず TBS NEWS

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告が多額の資金を不正に流出させたとされる知人の会社について、資金が支払われた当初、この会社は自動車関連の事業を行っていなかったことがわかりました。ゴーン被告が勾留されている東京拘置所前から報告です。  カルロス・ゴーン被告 12