Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 1000 クエリの «サッカー»

2019/01/16 2:38 武田、巨額買収のその先は 鍵握るエグゼクティブチーム

 江の島を望む神奈川県藤沢市の海岸から北東に約5キロ。サッカー場35面分に相当する広大な敷地に地上10階の建物が5棟並ぶ。国内製薬最大手、武田薬品工業が約1500億円を投じて2011年に完成した国内唯一の研究所「湘南ヘルスイノベーションパーク(旧湘南研究所)」だ。合成化学や生化学などの研究ができる76のエリアを備える。  武田は昨年4月、創薬ベンチャーや異業種の企業、大学の研究者らにこの地を本格的に開放した。社外との連携を通じて創薬のきっかけをつかむのが狙いで、研究所の名前も変えた。実験器具などがそろう一角を有料で貸し出している。 73

2019/01/16 1:31 サッカー=アーセナルのGKチェフ、引退を表明

[15日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルに所属するGKペトル・チェフ(36)が15日、今季終了後の現役引退を発表した。 チェフはツイッターで引退を明らかにし 71

2019/01/16 1:20 サッカー=トットナムのケイン、足首負傷で復帰は3月に

[15日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグのトットナムは15日、同国代表FWハリー・ケインが左足首の負傷により戦線離脱したことを明らかにした。 ケインは13日のリーグ戦マンチェスター・ユナイテッド(マンU)戦で負傷。クラブは左足首の靭帯損傷であると説明し、トレーニングへの復帰が3月上旬になると見込まれることを発表した。 この負傷によりケインは来週のチェルシーと戦う英リーグカップ準決勝第2戦や、欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のドルトムント(ドイツ)戦への出場ができなくなるとみられる。 93

2019/01/16 0:34 サッカー=ヘタフェとバレンシアが8強進出、スペイン国王杯

[15日 ロイター] - サッカーのスペイン国王杯は15日、16強の第2戦を各地で行い、柴崎岳が所属のヘタフェとバレンシアが勝ち上がりを決めた。 ヘタフェは敵地でバジャドリードと対戦し、前半29分にPKで先制ゴール。後半に追いつかれて1─1で引き分けたが、初戦を1─0で勝利していたため2戦合計2─1で勝ち上がった。柴崎は日本代表のアジア・カップに参加中のため不出場。 ヒホン(2部)と対戦したバレンシアは初戦を1─2で落としていたが、ホームで迎えた第2戦で後半に3得点を挙げて3─0で勝利。2戦合計を4─2として8強への進出を決めた。 97

2019/01/14 2:22 サッカー=イタリア杯、インテルが無観客試合で快勝

[ミラノ 13日 ロイター] - サッカーのイタリア杯は13日、各地で5回戦を行い、インテルは6─2でベネベント(2部)に快勝してベスト8進出を決めた。 この試合は、昨年12月のナポリ戦でインテルのサポーターがナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対し、人種差別行為に及んだことへの処分として無観客で実施。それでもインテルは前半3分にマウロ・イカルディが先制点を決めると、その後もゴールラッシュでベネベントを突き離した。 34

2019/01/14 2:18 サッカー=メッシ、スペインリーグ史上初の通算400ゴール達成

[バルセロナ 13日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は13日、各地で試合を行い、バルセロナはホームでエイバルに3─0で勝利。リオネル・メッシがリーグ史上初となる通算400ゴールを達成した。 すでにバルセロナの歴代得点トップに立ち、9回のリーグ優勝などを達成しているメッシについて、スアレスは「とても誇りに思っている。毎週のように素晴らしいプレーをして、クラブの歴史を作り続けているのだから」と称賛した。 レアル・マドリードは敵地で乾貴士所属のベティスを2─1で下した。前半にルカ・モドリッチ、後半にダニ・セバージョスがネットを揺らした。乾はアジア・カップ出場のために欠場。 24

2019/01/14 2:09 サッカー=マンU、スールシャール暫定監督就任から6戦全勝

[ロンドン 13日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは13日、2試合を行い、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は敵地でトットナムに1─0で勝利を収めた。 マンUは前半 29

2019/01/14 0:42 サッカー=アジア杯、日本が連勝で決勝トーナメント進出

[アルアイン(アラブ首長国連邦) 13日 ロイター] - サッカーのアジア・カップ(杯)は13日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイなどで1次リーグ第2戦を行い、F組の日本はオマーンを1─0で下し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。 F組のもう1試合はウズベキスタンがトルクメニスタンに4─0で快勝。この結果、日本は得失点差でウズベキスタンに次ぐF組2位に。17日には1位通過をかけて1次リーグ最終戦のウズベキスタンとの直接対決が行われる。 E組では、2022ワールドカップ(W杯)開催国のカタールが北朝鮮に6─0で大勝を収め、2連勝。サウジアラビアをともに決勝トーナメント進出を決めた。 10

2019/01/13 23:44 「J1昇格へ」ファジ本格始動 新監督ら迎え今季初の全体練習: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 J2ファジアーノ岡山は13日、岡山市の政田サッカー場で今季初の全体練習を行った。有馬新監督を迎え、8選手が新加入したチームは悲願のJ1昇格に向け、本格始動した。  午前と午後の 11

2019/01/12 20:30 伸びる公式球、ミドルシュート狙え アジア杯オマーン戦

 サッカー・アジア杯で、日本(世界ランキング50位)は13日(日本時間午後10時半)にある1次リーグF組の第2戦で、オマーン(同82位)と対戦する。初戦のトルクメニスタン戦(9日)で遠めからの強烈なシュートで先取点を奪われて苦戦した日本。その失点が次戦以降のゴールに向けたヒントにもなった。  「グンと、最後に伸びる感じがある」。10日の練習後、GKシュミット(仙台)が大会の公式球の特徴について、そう分析した。失点の場面も、不規則な変化をしていたという。  日本のスポーツ用品メーカー、モルテン製の公式球は、Jリーグの使用球と空中での軌道がやや異なるらしい。トルクメニスタン戦で先発した権田(鳥栖)、東口(ガ大阪)を含め、今大会のGK全3人が国内組。練習中から、難しさを話し合っていたという。 21