Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 126 クエリの «サーカス»

2018/05/21 22:50 木下大サーカスの多彩な演目紹介 岡山公演会場近くでパネル展: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 木下大サーカス岡山公演の開幕(6月9日)を前に、演目を紹介するパネル展が21日、会場近くの岡山市南区築港新町、シネマタウン岡南で始まった。9月2日まで。  4年ぶりの地元開催を盛り上げようと、木下サーカス(岡山市)と、公演を主催する山陽新聞社が企画した。プロカメラマンらが撮影したホワイトライオンのショー、サーカスの花形・空中ブランコを題材にした迫力の一枚をはじめ、愛嬌(あいきょう)たっぷりのピエロの表情を切り取ったスナップなど約70枚が並ぶ。昭和から平成にかけて作られた告知用ポスター36枚も紹介している。

2018/05/20 14:02 木下大サーカス 次の舞台・岡山へ 20万人来場の鹿児島公演が閉幕: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 いよいよ赤テントが岡山に―。鹿児島市で開かれていた木下大サーカス鹿児島公演が20日、閉幕した。71日間の会期中に約20万人が来場し、夢と感動が詰まった舞台を満喫した。4年ぶりの地元開催となる岡山公演(山陽新聞社主催)は6月9日から約3カ月間にわたって繰り広げられる。団員たちも「最高のショーを」と意気込んでいる。  日曜日と重なった最終日は朝から入場券を買い求める家族連れらが長い列をつくり

2018/05/16 9:09 木下大サーカス公演の無事成功を 岡山で安全祈願祭、6月9日開幕: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 山陽新聞創刊140周年記念「スーパーミラクルイリュージョン 木下大サーカス岡山公演」(山陽新聞社主催)が6月9日に開幕するのを前に、岡山市南区築港栄町の会場予定地で16日、安全祈願祭があり、関係者約100人が公演中の無事と成功を祈った。  式典では、主催者や来賓が玉串をささげた後

2018/05/01 14:25 木下大サーカスへはバス利用を 入場と往復セット券を前売り販売: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 木下サーカスと両備・岡電バスは1日、6月9日に開幕する木下大サーカス岡山公演の入場券とJR岡山駅などと会場を結ぶ往復バス乗車券をセットにした前売り券の販売を始めた。  4年ぶりとなる岡山公演は 2

2018/04/24 3:34 改心誓ったはずが… ガッツリ焼き肉に非難ごうごう それでも「余命」は…

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんが、23日放送のTBS系の医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜午後7時)の3時間スペシャルに出演。2型糖尿病と診断され、生活習慣改善を目的とした5日間の教育入院で「改心」を誓ったはずのクロちゃん。その後の密着で数々のウソが発覚し、スタジオで非難を浴びた。  退院後の密着では 1

2018/04/23 3:15 検査で“隠れ脳梗塞”見つかる 「今でもずっと貴乃花の味方」とエールも

 元大相撲力士の貴闘力さんが、23日放送のTBS系の医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜午後7時)の3時間スペシャルに出演。事前の検査で“隠れ脳梗塞”といわれるラクナ梗塞が見つかる。また貴闘力さんは「今でもずっと貴乃花の味方」と貴乃花親方にエールを送る。  貴闘力さんの生活に密着したところ 1

2018/04/23 0:15 肺年齢は「66歳」! 「余命6年」に逆戻り…医師から厳しい言葉

 タレントの内山信二さん(36)が、23日放送のTBS系の医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜午後7時)の3時間スペシャルに出演し、医師団から「肺年齢は66歳」と診断され、再び「余命6年」と告げられるていることが分かった。  昨年、同番組に出演した際に 1

2018/04/22 22:15 今度は腎機能の数値に異常! 生活習慣改善と思いきや…

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんが、23日放送のTBS系の医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜午後7時)の3時間スペシャルに出演。生活習慣改善を目的とした5日間の教育入院で、一定の成果を残したクロちゃんだったが、糖尿病を数年間放置していたことによる合併症で、腎機能の数値に異常が見つかる。  一度悪化した腎機能は改善が困難なため 1

2018/04/20 14:32 スリルと感動の木下大サーカス 熱気いっぱいの鹿児島公演: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 手に汗握る空中ショーに、ため息の出るような名人技、芸達者な動物たち…。6月、4年ぶりに本拠地・岡山に里帰りする世界三大サーカスの一つ、木下大サーカス。多彩なパフォーマンスが次々と繰り広げられる会場の赤テントは、スリルと興奮、感動に包まれ、熱気でいっぱいだ。現在公演中の鹿児島市を訪れ、一足早く夢の空間を楽しんできた。  約2千人分の客席は家族連れ 1

2018/04/18 5:46 木下大サーカスの招待券寄贈 県と岡山市に1万枚、福祉施設へ : 山陽新聞デジタル|さんデジ

 6月9日に岡山市南区築港新町の天満屋ハピータウン岡南店特設会場で「スーパーミラクルイリュージョン 木下大サーカス」が開幕するのを前に、木下サーカスと創刊140周年記念事業として主催する山陽新聞社は18日、岡山県と岡山市に福祉招待券計1万枚を贈った。県内の福祉施設に配布される。  岡山市役所での贈呈式には、木下サーカスの木下唯志社長と木下嘉子副社長、木下龍太郎常務、山陽新聞社の角稔文事業本部長が出席。角本部長が「一流のパフォーマンスを世代を超えて楽しんでほしい。観覧を通じて笑顔の輪が広がることを願っています」とあいさつし、木下社長とともに招待券5千枚を大森雅夫市長に手渡した。 1