Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 1000 クエリの «テニス»

2019/01/16 0:08 テニス=大坂がストレート勝利、土居は敗退 全豪OP女子

[メルボルン 15日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦の全豪オープンは15日、試合を行い、女子シングルス1回戦で第4シードの大坂なおみがマグダ・リネッテ(ポーランド)にストレート勝利を収め2回戦進出を決めた。 大坂は第1セットを6─4で奪うと、第2セットも6─2で連取。58分間で試合に決着をつけた。試合後の大坂は「この大会で良いプレーをしたいとだけ考えている」と話した。 他では第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)や第6シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)、ビーナス・ウィリアムズ(米国)らが勝利している。 43

2019/01/15 23:30 テニス=全豪OP男子、錦織とダニエル太郎が初戦を突破

[メルボルン 15日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは15日、メルボルンで試合を行い、男子シングルス1回戦で第8シードの錦織圭が2回戦進出を決めた。 世界ランク9位の錦織は、同176位のカミル・マイクシャク(ポーランド)と対戦したが、3─6、6─7、6─0、6─2、3─0となったところで相手が棄権した。 そのほか、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)らも勝利した。 61

2019/01/15 0:57 テニス=前回覇者ウォズニアッキ、全豪OP初戦でストレート勝ち

[メルボルン 14日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは14日、メルボルンで開幕。女子シングルス1回戦では前回覇者で第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がアリソン・バンアイトバンク(ベルギー)を6─3、6─4で下した。 元世界ランク1位のウォズニアッキはアンフォーストエラーを抑え、ベースラインからの打ち合いを制した。次戦ではヨハンナ・ラーション(スウェーデン)と対戦する。 30

2019/01/15 0:51 テニス=元世界1位マリー、全豪OP敗退も「また会えるかも」

[メルボルン 14日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、アンディ・マリー(英国)は14日、四大大会第1戦、全豪オープンのシングルス1回戦で第22シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)に4─6、4─6、7─6、7─6、2─6で競り負けた。 臀部のけがの影響で、今大会限りで引退する可能性を示唆していたマリーは試合後、コート上でのインタビューで観客に対し、「もしかしたらまた会えるかもしれない。そのためにあらゆる手を尽くす」とコメント。 今週中に判断するというマリーは報道陣に対し、「手術を受けても、うまく回復できなければもう二度とプレーできない。そのことは理解している」とも述べた。 33

2019/01/14 1:58 テニス=元世界1位マリー、全豪OPは「初戦で負けると思う」

[メルボルン 13日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、アンディ・マリー(31、英国)は、14日開幕の全豪オープン(OP)に向けて、初戦敗退の可能性を示唆した。 3回の四大大会制覇を誇るマリーだが、古傷である臀部の痛みが耐えられない状態まで来ており、この全豪が自身のキャリアで最後の大会になるかもしれないと11日に発言していた。 今大会の初戦で第22シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)と戦うマリー。過去3回の対戦では一度も負けたことはないが「おそらく、1回戦で負けることは分かっている」とした上で、「もしこれが最後の試合になるのならば、頑張って楽しみたい」と話した。 31

2019/01/13 20:05 大坂なおみ、4大大会連覇なるか テニス全豪オープン

 テニスの4大大会初戦、全豪オープンが14日、メルボルンで開幕する。女子シングルスで世界ランク4位、第4シードの大坂なおみ(日清食品)は、昨年の全米に続く4大大会2連覇がかかる。男子シングルスでは、2年ぶりに出場する第8シードの錦織圭(同)が、上位争いを繰り広げそうだ。  全米で日本勢初のシングルス優勝を果たした大坂は 28

2019/01/12 2:03 テニス=四大大会での「ビッグフォー」揃い踏み、全豪が最後か

[メルボルン 11日 ロイター] - テニスの四大大会の初戦、全豪オープンは14日、メルボルンで開幕。男子シングルスで栄華を極めてきた「ビッグフォー」の揃い踏みがグランドスラムで見られるのはこれが最後になるかもしれない。 アンディー・マリー(31、英国)は11日、この全豪が自身のキャリアで最後の大会になるかもしれないと発言。古傷である臀部の痛みが、耐えられない状態まで来ていると明かした。 昨年のウィンブルドン選手権と全米オープンを制したノバク・ジョコビッチ(31、セルビア)が今大会では優勝の最右翼とみられているが、4人のなかで最年長のロジャー・フェデラー(37、スイス)は、全豪を2連覇中であり、ジョコビッチに待ったをかけられる候補の筆頭とみられている。 23

2019/01/12 1:40 テニス=傷心のマリー、「日常生活でもひどい痛み」

[メルボルン 11日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、アンディ・マリー(英国)は11日、全豪オープン(14日開幕)が自身にとって最後の大会になるかもしれないとの見方を示し、そこに至った経緯と心境を会見で明かした。 マリーは長引いている臀部の痛みについて 27

2019/01/11 1:26 テニス=元世界1位マリー、「全豪OPが最後の大会かも」

[メルボルン 11日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、アンディ・マリー(英国)は11日、長引いている臀部の痛みの影響で、全豪オープン(14日開幕)が自身にとって最後の大会になるかもしれないとの見方を示した。 マリーは報道陣に対し、少なくとも今年のウィンブルドン選手権まではプレーしたかったとしながらも、全豪オープンが最後の大会になるかもしれないと感じていると述べた。 同選手は「その可能性があることは間違いない」と涙ながらにコメント。「痛みを抱えながら、さらに4─5カ月もプレーできないかもしれない」と話した。 26