Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

検索結果

1-10 からの結果 393 クエリの «メッセージ»

2019/01/10 0:19 日本語ペラペラな英外相 「日本と価値共有」メッセージ

 「私は日本に住んだことがあり、日本と日本の皆さんに大変思い入れがあります」――。英語教師として日本に住んだ経験を持ち、日本語を話すジェレミー・ハント英外相(52)が10日の安倍晋三首相の訪英に合わせてつくったビデオメッセージを朝日新聞に寄せた。  英語での発信を重視する河野太郎外相と合わせ 20

2018/12/31 14:04 改革「停滞」させず、中国主席が新年メッセージ

[北京 31日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は31日、新年に向けたメッセージで、改革が「停滞」することはなく、門戸はさらに開かれると表明した。それと同時に、今後試練が待ち受けているとも指摘した。 「世界は、中国が改革と解放を加速する様を目の当たりにし、中国の改革と開放を成し遂げる決意を認識している」とし「われわれの改革のペースが停滞することはなく、門戸は一段と開かれる」と述べた。 「国際情勢がどのように変わろうとも、中国の主権と安全保障を守る確信と決意は変わらない。世界平和を維持し共通の発展を促進するための中国の誠意と善意は変わることはない」と述べた。 18

2018/12/26 2:43 「相違を豊かさの源と考えて」、ローマ法王がXmasメッセージ

[バチカン市 25日 ロイター] - ローマ法王フランシスコ(82)は25日、毎年恒例のクリスマスメッセージを述べ、違いを危険要素としてではなく豊かになるための資源と考えるよう促すとともに、紛争で分断された地域の和解を呼びかけた。 法王は、サン・ピエトロ大聖堂のバルコニーから広場に集った数万人の人々に対し 12

2018/11/29 11:05 今後も“連合の維持を確認” 日産など3社が共同声明 TBS NEWS

 オランダのアムステルダムで行われていた日産、ルノー、三菱自動車による3社連合のトップ会談が終了し、3社は“連合の維持を確認した”とする共同声明を発表しました。  「ルノー・グループ、日産自動車、三菱自動車の共同メッセージ」と題する声明は、3社の取締役会が「一貫してアライアンス(3社連合)の強い結束を維持することを強調してきた」としたうえで、この関係が「20年間、他に例をみない成功を収めてきた」と強調しました。そのうえで、今後も“3社連合を維持していく”方針を示しました。 13

2018/11/26 13:38 動画でボランティア参加呼び掛け 岡山県公開、真備の被災者ら出演: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 岡山県は26日、西日本豪雨の被災地で活動する復興支援ボランティアへの参加を呼び掛ける「メッセージ動画」をインターネット上で公開した。参加者が減少しているためで、倉敷市真備町地区の被災者や現地で活動した高校生らが出演している。  伊原木隆太知事 17

2018/11/20 8:06 不祥事根絶へ「あらゆる手だて」 和歌山県教委が臨時教育長会議

 和歌山県教育委員会は19日、白浜町内のホテルで、県内市町村の教育長を集めた臨時会議を開いた。教職員による不祥事が相次いでいるためで、県教委の宮下和己教育長は「信頼の回復には長い時間と労力がかかるが、不祥事の根絶に向けて一丸となって取り組むことが大切。あらゆる手だてを講じたい」などと述べ、協力を求めた。  本年度は、教職員による飲酒した上での暴力 29

2018/11/16 7:07 相次ぐ不祥事「危機的」 和歌山県教委が緊急メッセージ

 本年度、和歌山県内で懲戒免職処分を受けた教職員は15日現在、すでに5人に上り、2000年度以降最多の6人に迫る数となった。停職や減給などを含めた懲戒処分も8人と、3番目に多い。県教育委員会は「非常に深刻で危機的状況」とし、15日付で県内全教職員に「緊急メッセージ」を配布。全教職員への面接実施や採用検査の工夫など、対策強化に取り組むという。  教職員の懲戒免職処分は 15

2018/11/06 13:56 ブルゾンさんと千鳥が県復興動画 7日公開、感謝発信や観光PR: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 岡山県は、西日本豪雨からの復興に向けた「メッセージ動画」を作成し、7日午前10時から特設サイトで公開する。地元出身で、お笑い芸人のブルゾンちえみさんと漫才コンビの「千鳥」を起用。全国からの支援に対して感謝の気持ちを発信するとともに、復興の機運盛り上げや岡山への誘客促進につなげる。  ブルゾンさん 18

2018/10/10 4:26 「ロックの殿堂」候補にスティーヴィー・ニックスやデフ・レパード

[ロサンゼルス 9日 ロイター] - 2019年に「ロックの殿堂」入りを果たすミュージシャンの候補15組のリストが発表され、フリートウッド・マックのボーカル、スティーヴィー・ニックスやロックバンドのデフ・レパードらが入った。 15候補のうち、9日時点のファン投票ではニックスとデフ・レパードがリードしている。ニックスはフリートウッド・マックのメンバーとしては20年前に殿堂入りを果たしており、今回はソロでのノミネーションとなった。 その他の候補者はカントリーのシンガーソングライター、ジョン・プラインやシカゴのファンクバンド、ルーファス・フィーチャリング・チャカ・カーン、メッセージ性の強いバンド、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなど。ジャネット・ジャクソンは3度目のノミネーションとなった。 24

2018/09/21 1:42 戦後日本のあり方を問う 映画「国家主義の誘惑」監督ら

 沖縄や憲法、天皇制、日米関係のあり方を問うドキュメンタリー映画「国家主義の誘惑」が、全国で上映されている。沖縄県知事選や自民党総裁選を控え、映画を制作した渡辺謙一さん(67)と、映画に出演した政治学者の白井聡さん(41)に聞いた。  ――映画で「戦後日本は海兵隊としてのアメリカはないことにして 14