Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

00:00 フィギュア、ジャンプ 日本勢トップレベルで激突

22

22:30 ムーチー(鬼餅)と女子力の不思議な関係【沖縄たべものがたり】(vol.4)

16

14:57 九州勢 地元への感謝胸に

18

スポーツ

すべてのカテゴリのニュース

  • フィギュア宮原、坂本らが調整 21日に女子ショートプログラム

    2018/02/18 7:22

     【平昌共同】フィギュアスケート女子の宮原知子と坂本花織が18日、公式練習に参加し、試合会場での滑りで氷の感触を確かめた。2人は団体を終えた後、日本で調整していた。女子ショートプログラム(SP)は21日に行われる。  宮原は団体SPで回転不足を取られたルッツ―トーループの連続3回転ジャンプを繰り返し跳び、浜田美栄コーチが撮影した動画を見ながら、細かな修正を重ねていた。坂本は持ち味の幅のあるジャンプを立て続けに決めるなど、好調を印象づけた。

  • エンゼルス大谷、打撃投手を務める 制球に苦しむ場面も

    2018/02/18 6:27

     エンゼルスの大谷は17日(日本時間18日)、米アリゾナ州テンピのキャンプで打撃投手を務めた。エプラーGMらが見守るなか、打者2人に対して計30球を投げたが、変化球の制球に苦しむ場面もあった。  大谷が打者に対して投げるのは、このキャンプで初めて。打席に立ったのはマイナーに所属する左右2人の打者で、左打者のハットン・モイヤーは、マリナーズなどで通算269勝を挙げ、最年長勝利(49歳151日)の大リーグ記録を持つ左腕、ジェイミー・モイヤーの息子だ。  投球は2人に15球を投げると約5分間のインターバルを置き、再び15球と試合を想定した形式で進んだ。直球には伸びがあったものの、まだ大リーグの滑りやすい球になれていないのか、カーブは抜け、フォークも引っかけてワンバウンドした。

  • 世界女王の小平、「氷速女帝」李と決戦へ 女子500

    2018/02/18 6:08

     18日のスピードスケート女子500メートルの焦点は一つ。2016年10月からワールドカップ(W杯)など国内外のレースで24連勝中の世界女王、小平奈緒(相沢病院)と、地元で五輪3連覇を狙う李相花(韓)のどちらが頂点に立つか。  小平は1500メートルに続き

  • カーリング男子、ショット率93% 難敵アメリカを圧倒

    2018/02/18 5:16

     狙った位置に石を置けた確率を表すショット率は、米国の78%に対し、日本は93%。「ショットを決めていれば世界のトップとも戦える」。日本男子SC軽井沢クのスキップの両角友佑の言葉通り、第7エンド終了時点で米国がコンシード(試合終了の握手)を求める大勝とした。  米国が数値を下げた理由の一つは、難ショットを選択したことだ。大量点を奪いにくる日本の作戦を警戒した。第2、3エンドでは米国のスキップがいずれもダブルテイクアウト(一つの石で相手の石二つを出すショット)を試みて、失敗。いずれも日本は不利な先行だったが、連続得点した。

  • 羽生、目標は「4回転半」 一夜明け会見

    2018/02/18 4:25

     平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦(ANA)と、銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が試合から一夜明けた18日、当地で日本オリンピック委員会(JOC)主催のメダリスト記者会見に臨んだ。  66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生は「夢はかなった。取るものはとった。やるべきことはやった」と達成感を示した。また「スケートをやめる気はまだない」とし、「モチベーションは4回転アクセル(4回転半)だけ」と目標を掲げた。  宇野は会見途中でうとうとする場面もあり、疲れた様子。「オリンピックでの2位という結果にあまり実感はないけど、うれしい」と話した。今後も羽生と競うことになるが「(今回は)実力差が結果に出た。僅差で競える選手になりたい」と話した。

  • 五輪=フィギュアのチェン、男子フリーで歴史的快挙

    2018/02/18 3:38

    [江陵(韓国) 17日 ロイター] - 男子フィギュアスケートのネーサン・チェン(18、米国)は17日、平昌冬季五輪の男子フリーで4回転ジャンプを6回試み、すべてに着氷。五輪史上初めての快挙を達成した。 チェンはショートプログラム

  • 大谷や田中も羽生選手を祝福 66年ぶりの五輪2連覇に

    2018/02/18 3:22

     【テンピ(米アリゾナ州)共同】平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を達成した羽生結弦選手(23)について、米大リーグの日本選手からも17日、祝福の声が上がった。エンゼルスの大谷翔平選手(23)はキャンプ地のアリゾナ州で「すごいなと思った」と感激した。  ヤンキースの田中将大選手(29)はフロリダ州で「日本の国の期待も背負っている中であの演技をして2大会連続の金。で、冬季五輪の千個目の金。持っていますよね」とうなった。

  • 羽生結弦「世界回って経験伝える」 一夜明け語った将来

    2018/02/18 2:35

     フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇達成となる金メダルを獲した羽生結弦(ANA)が、競技から一夜明けた18日、記者会見を行い、「夢がかなったので、とても満足。取るべきものは取ったし、やるべきことをやった」と改めて喜びを語った。  羽生は「スケートを滑れて本当に幸せで

  • 羽生V、萩野公介にも刺激 「プーさんは無理だけど…」

    2018/02/18 1:36

     リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(ブリヂストン)が17日にあったコナミオープンに出場。昨年末から体調を崩しており、今年初レースとなった男子200メートル自由形で1分49秒03の2位になった。「もともと出られないと思っていたレースでここまで来られたのはうれしい」と納得の表情を見せた。  報道陣から「2連覇に向けて刺激になりましたか」と問われると、「そうですね。プールにはプーさんの雨は降らせられないんで、なにか違う雨を降らせたいと思います」。

  • 五輪=チェコの女子スノーボード選手、スキーで金メダル

    2018/02/18 1:30

    [平昌(韓国) 17日 ロイター] - 平昌冬季五輪は17日、アルペンスキーの女子スーパー大回転を行い、スノーボード選手でもあるエステル・レデツカ(22、チェコ)が1分21秒11で優勝した。 レデツカは同種目のワールドカップ