Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

スポーツ

すべてのカテゴリのニュース

  • W杯イヤー、サンウルブズが始動 代表サバイバル号砲

    2019/01/15 8:27 36

     スーパーラグビー(SR)の日本チーム・サンウルブズ(SW)の合宿が14日、千葉県市原市で始まり、今年のワールドカップ(W杯)に向けた準備が本格化する。参加選手によって、目標は定位置確保、大会メンバー31人枠入りと目標は違えど、代表をめぐるサバイバルが幕を開けた。  初日は、日本代表の多くの選手が参加しなかった

  • 肩故障のSB和田、同世代の松坂復活に勇気「続きたい」

    2019/01/15 8:25 24

     左肩の故障から復活をめざすプロ野球ソフトバンクの和田毅(37)が長崎市内で自主トレーニングを行っている。昨季は1軍登板がなく、「環境を変えたい」と、リハビリ通いが続いた福岡・筑後の球団施設から長崎に自主トレの場を移した。  14日には、県営球場近くにある長崎平和公園の階段や坂道を使ったダッシュなどで汗を流した。「左肩の状態は7割くらい。ブレーキをかけながらやってます」。キャンプでのブルペン入りもめざし、焦らず調整しているという。

  • 野球殿堂入りに立浪氏と権藤氏 高野連元会長の脇村氏も

    2019/01/15 8:03 32

     野球殿堂博物館(東京都文京区)は15日、今年の野球殿堂入りを発表し、競技者表彰のプレーヤー部門で立浪和義氏(49)、エキスパート部門で権藤博氏(80)が選ばれた。特別表彰では、日本高等学校野球連盟元会長の脇村春夫氏(87)が選出された。野球殿堂入りはこれで計204人となった。  中日一筋で歴代

  • モーグル原大智、テレビ出演中のけが克服 初のW杯3位

    2019/01/15 7:18 31

     モーグル男子で自身初のワールドカップ(W杯)表彰台に上がった原大智(日大)は、実はシーズン開幕直前にアクシデントに見舞われていた。平昌(ピョンチャン)五輪で日本男子初の銅メダルを獲得した21歳は、どうハンディを乗り越えたか。  12日(日本時間13日)のW杯カナダ

  • 鈴木大地長官「疑惑晴らすべく説明を」 五輪招致疑惑

    2019/01/15 7:18 41

     スポーツ庁の鈴木大地長官は15日、日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が2020年五輪招致を巡る贈賄疑惑を否定する記者会見を開いたことを受け、「以前から話していることとあまり変わりがなかった」と述べた。東京大会のイメージが悪化している点には「会長ご自身で疑惑を晴らすべく、説明責任を果たすことになるだろう」と語った。竹田会長が会見で記者の質疑応答を受けなかったことに関しては問題視しなかった。  鈴木長官自身も東京大会の招致委員会の一員だったが、「地道に愚直にやっていた。(疑惑になっているような)大きな話は、我々末端には伝わってこなかった」と振り返った。

  • 2連敗中の稀勢の里、国技館入り 栃煌山と対戦へ

    2019/01/15 6:44 26

     大相撲初場所(東京・国技館)で進退をかける横綱稀勢の里が15日、3日目の土俵に上がる。午後2時35分ごろ、大勢の報道陣に見守られながら、国技館の東支度部屋に入った。結び前の一番で平幕栃煌山と対戦。栃煌山は先場所の4日目に敗れ、途中休場に追い込まれた相手だ。  初日から2連敗で迎えたこの日は

  • 錦織圭、薄氷の勝利 対戦相手の途中棄権で2回戦へ

    2019/01/15 4:44 33

     テニスの4大大会初戦、全豪オープン第2日は15日、メルボルン・パークで、男子シングルス1回戦があり、昨年の全米オープン4強、世界ランキング9位で第8シードの錦織圭(日清食品)は、同176位のカミル・マイクシャク(ポーランド)の途中棄権で2回戦へ進んだ。最初の2セットを続けて落としたが、相手の体調不良もあって2セットを取り返し、第5セットを3―0としたところで相手が棄権を申し出た。  女子シングルス

  • 元日本代表の巻誠一郎が引退 W杯ドイツ大会メンバー

    2019/01/15 4:24 31

     サッカーの元日本代表FW巻誠一郎(38)が現役を引退すると、今季J3を戦う熊本が15日発表した。2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会メンバーで、国際Aマッチには38試合に出場し、8得点を挙げた。  熊本県宇城市出身。駒大から千葉入りし、J1では通算207試合出場、53得点。熊本には14年に加入し、J2では通算231試合出場、16得点。  巻はクラブを通じ、「最後に生まれ育った熊本のクラブでプレーさせていただけたことは本当に幸せでした。今後はサッカー界の発展のために出来ることや熊本の県民の皆様の役に立てるようなことを中心に微力ながらやっていければと思ってます」とのコメントを出した。

  • JOC竹田会長が会見 コンサルへ支出「通常の手続き」

    2019/01/15 3:04 28

     2020年東京五輪・パラリンピックの招致に絡み、フランス当局の調べを受けている日本オリンピック委員会(JOC)トップの竹田恒和会長(71)が15日、記者会見し、みずから不正を否定した。質疑応答に応じなかったため、記者会見は7分で終了。一方的に正当性を主張する場に終始した。  記者会見場の岸記念体育会館

  • ヤフオクD「超ボールパーク宣言」 100億円超投資へ

    2019/01/15 2:32 33

     プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが、本拠のヤフオクドーム(福岡市中央区)と周辺のボールパーク化に乗り出した。「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」と銘打ち、投資額は100億円超の規模。核となる球場は大規模改修の真っ最中で、来春には隣接して野球以外の娯楽も楽しめるビルも完成予定。球団の福岡移転30周年の節目となる今季、3年連続日本一に挑む「常勝軍団」が、グラウンド外でも攻めの姿勢で新しい事業を仕掛ける。  「総額で100億を超える大きな投資