Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

スポーツ

すべてのカテゴリのニュース

  • JOC竹田会長、7分で会見打ち切り 質問受け付けず

    2019/01/15 2:18 24

     2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡り、フランス当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)を汚職に関わった疑いがあるとして訴追に向けた手続きを始めたことについて、竹田会長は15日、東京都内で記者会見を開いて汚職を否定した。会見は約7分間で、フランス当局の調査中という理由で質問は受け付けなかった。  竹田会長は会見で

  • さらばサッカー楢崎 交流15年の花店、引退飾る「1」

    2019/01/15 1:45 28

     愛知県東郷町で生花店を営む母と娘は、現役引退を表明した名古屋グランパスGKの楢崎正剛さん(42)と、15年来のつきあいがあった。思い出すのは、無口だけど、仲間やクラブを決して悪く言うことなく、後輩に慕われていた姿だ。2人は「いつか指導者として活躍して欲しい」と願う。  11日の引退会見

  • テニス=前回覇者ウォズニアッキ、全豪OP初戦でストレート勝ち

    2019/01/15 0:57 30

    [メルボルン 14日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは14日、メルボルンで開幕。女子シングルス1回戦では前回覇者で第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がアリソン・バンアイトバンク(ベルギー)を6─3、6─4で下した。 元世界ランク1位のウォズニアッキはアンフォーストエラーを抑え、ベースラインからの打ち合いを制した。次戦ではヨハンナ・ラーション(スウェーデン)と対戦する。

  • テニス=元世界1位マリー、全豪OP敗退も「また会えるかも」

    2019/01/15 0:51 33

    [メルボルン 14日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、アンディ・マリー(英国)は14日、四大大会第1戦、全豪オープンのシングルス1回戦で第22シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)に4─6、4─6、7─6、7─6、2─6で競り負けた。 臀部のけがの影響で、今大会限りで引退する可能性を示唆していたマリーは試合後、コート上でのインタビューで観客に対し、「もしかしたらまた会えるかもしれない。そのためにあらゆる手を尽くす」とコメント。 今週中に判断するというマリーは報道陣に対し、「手術を受けても、うまく回復できなければもう二度とプレーできない。そのことは理解している」とも述べた。

  • パラ大会も同時開催へ 2026年 愛知アジア大会

    2019/01/14 23:59 30

     愛知県と名古屋市が共催する2026年アジア競技大会と同時期に、障害者スポーツの総合大会「アジアパラ競技大会」も愛知県で開かれる見通しとなった。  日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長が、県と市に開催を要請する。名古屋市によると、五輪とパラリンピックと違い、アジア大会とアジアパラ大会を同一都市で開催する規定はないが、前身の大会を継承してアジアパラ大会の第1回が開かれた2010年以降、アジア大会と同じ都市で開催されている。  アジアパラ大会の開催には、障害者競技に向けた施設改修やバリアフリーの宿泊施設確保などの課題があるが、河村たかし市長は朝日新聞の取材に「やらなあかんに決まっとる」と意欲を見せた。

  • 稀勢の里、3日目も出場へ 田子ノ浦親方「巻き返せる」

    2019/01/14 22:53 22

     進退をかけた大相撲初場所で初日から2連敗した横綱稀勢の里が3日目も出場する方針であることを、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が15日朝、改めて示した。東京都江戸川区の部屋で報道陣の取材に対し、「(出場の)認識でいる」と答えた。  師匠は14日夜から15日朝にかけて

  • 土俵に手、動けず 唇かみしめ… 稀勢の里、無言で帰路

    2019/01/14 11:17 23

     大相撲初場所(東京・国技館)2日目の14日、進退をかけた横綱稀勢の里は、この日もあっけなく負けた。初日から2連敗。館内は一時騒然とした雰囲気になったが、花道を引き揚げる際には拍手も起こった。  横綱になってから3連敗中の逸ノ城との一番。立ち合いで3度、呼吸が合わず、4度目の立ち合いでようやく立った。押しながら前に出たが、逸ノ城のはたきをくらい、東の土俵下へと転がされた。敗れた稀勢の里は両手を土俵に付き、下を向いたまま約5秒間動けず。土俵を降りる際には悔しそうに唇をかみしめた。

  • 青森山田、逆転で日本一 選手に緩み→大会前に主将交代

    2019/01/14 11:11 27

     前半32分、青森山田は3戦連続で先制点を許した。しかも、警戒していたセットプレーから。「描いていたプランとは違った」と黒田監督は認めている。  U18プレミアリーグで今季

  • 田子ノ浦親方「明日に向けて治療を」 稀勢の里2連敗

    2019/01/14 10:31 26

     大相撲初場所(東京・国技館)で初日から2連敗になった横綱稀勢の里の進退について、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は14日、「まだそんなん(進退について)は話をしていないんで。とりあえず明日に向けて治療をして」と話し、3日目の出場をめざす意向を明らかにした。  取組後に戻った東京都江戸川区の部屋で話した。稀勢の里の状態については「なかなか勝っていないんで、下半身と上半身の相撲がばらばらになっていますけど、まだまだ修正がきく。明日に向かってもう1回体を休めてやると思うんで」と話した。

  • 流通経大柏、最大の武器通用せず 必要以上に選手は前へ

    2019/01/14 10:13 25

     最前線からの素早い守備で相手に圧力をかけ、ロングボールを蹴らせたところを回収し、攻勢に転じる。愚直なまでに得意な戦い方を貫き、決勝へと勝ち上がってきた。  青森山田はしかし