Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

テクノロジー

すべてのカテゴリのニュース

  • 村田の営業益予想は+12%、スマホ高機能化で需要増

    2017/04/28 14:36 1

    [東京 28日 ロイター] - 村田製作所 (6981.T)は28日、2018年3月期の営業利益について前年比12.3%増の2260億円を見込んでいると発表した。スマートフォンの高機能化に伴う部品点数の増加や自動車の電装化の進展が追い風となる見通し。 売上高は前年比

  • 米ソフトウェア会社のクラウデラ、IPOで2.25億ドルを調達

    2017/04/28 3:25 1

    [27日 ロイター] - 米ソフトウェア会社、クラウデラ(CLDR.N)の新規株式公開(IPO)による資金調達額は2億2500万ドルとなった。匿名の関係者が27日、明かした。時価総額は約19億ドル。 クラウデラによると

  • ウーバー、ウェイモとの裁判で自動運転事業トップ一時交代へ 

    2017/04/28 1:04 1

    [27日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは、米アルファベット(GOOGL.O)の自動運転車部門ウェイモとの訴訟が続く間、自動運転車部門責任者のアンソニー・レバンドフスキ氏が同部門の業務から離れると明らかにした。 ウェイモは2月、元幹部のレバンドフスキ氏がウーバーに加わる前、自動運転技術に関するファイルをコンピューターから盗んだとして、ウーバーを提訴。ウーバーに対し、同技術に関する企業秘密や知的財産権の使用差し止めを求めている。

  • 米アルファベット、第1四半期は大幅増収増益 株価上昇

    2017/04/27 22:44 3

    [27日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット(GOOGL.O)が27日発表した第1・四半期決算は、29%の大幅増益を記録した。動画共有サイト「ユーチューブ」からの広告主離れが懸念されているものの、同サービスが引き続き成長のけん引役となった。 ユーチューブでは

  • アマゾン1─3月期、利益・売上高が予想上回る クラウドなど好調

    2017/04/27 22:26 1

    [27日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)が発表した第1・四半期(3月末終了)決算は、利益と売上高がいずれも市場予想を上回った。小売り、クラウドの両事業で売り上げが伸びた。 純利益は41.1%増の7億2400万ドル(1株当たり1.48ドル)。前年同期は

  • 米マイクロソフト、1-3月売上高が予想に届かず 株価引け後に1.9%安

    2017/04/27 22:26 1

    [27日 ロイター] - 米マイクロソフト(MSFT.O)が発表した第3・四半期決算(3月31日まで)は、売上高が市場予想をわずかながら下回った。クラウド・コンピューティング事業は好調だったが、売り上げで最大のパーソナル・コンピューティング事業が振るわなかった。 パーソナル

  • 抗うつ効果期待、神経細胞増やす仕組みを解明 大阪大

    2017/04/27 7:48

     脳の海馬の神経細胞が刺激によって増える新たな仕組みを、大阪大のグループがマウスで明らかにした。海馬で神経細胞が増えると抗うつ効果があることが知られており、従来と異なる作用によるうつ病の治療薬開発に役立つ可能性がある。国際科学誌「モレキュラー・サイカイアトリー」で25日、発表された。  神経の情報伝達を担うセロトニンはうつ病と深く関わっており

  • NEC、17年度予想は営業利益2割増・500億円

    2017/04/27 6:48 2

    [東京 27日 ロイター] - NEC(6701.T)は27日、2018年3月期の連結営業利益(国際基準)が前年比19.5%増の500億円との見通しを発表した。今年1月に完了した日本航空電子工業(6807.T)子会社化の押し上げ効果や不採算案件の改善などを見込む。 17年3月期の連結業績は売上高が前年比5.7%減の2兆6650億円、営業利益が同54.2%減の418億円、純利益が同64.0%減の273億円だった。

  • コマツ、今期営業利益予想10.4%減 米社買収に伴う一時費用で

    2017/04/27 6:44 2

    [東京 27日 ロイター] - コマツ(6301.T)は27日、2018年3月期の連結業績予想を発表した。売上高は前期比18.4%増の2兆1350億円、営業利益は同10.4%減の1560億円、純利益は同18.9%減の920億円をそれぞれ見込む。 今年4月に買収を完了した鉱山機械メーカーの米ジョイ・グローバル(新社名コマツマイニング)を今期予想から織り込んだ。買収効果により売上高は増えるものの、利益については買収に伴う一時費用が初年度発生するため減益の見通し。

  • 中国の金融機関で進む「ロボ・アドバイザー」対応

    2017/04/27 6:35 2

    [香港 27日 ロイター] - 中国で富裕層向けサービスを手掛ける金融機関が、小口顧客からの収入を伸ばす武器になるとして、自動で投資助言や取引を実行するいわゆる「ロボ・アドバイザー」の対応を整えつつある。 ロボ・アドバイザー