Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

テクノロジー

すべてのカテゴリのニュース

  • サムスン電子第3四半期は2年ぶり増益、第4四半期は慎重

    2015/10/29 1:28 16

    [ソウル 29日 ロイター] - 韓国サムスン電子は(005930.KS)が29日発表した第3・四半期決算は、8四半期ぶりの増益となった。好調な半導体販売とスマートフォン事業の緩やかな回復が寄与した。 第3・四半期の営業利益は前年同期比

  • 東芝が半導体の構造改革発表、画像センサー・白色LEDから撤退

    2015/10/28 11:28 20

    [東京 28日 ロイター] - 東芝(6502.T)は28日、不正会計問題を受けて不振が露呈した事業の構造改革の第一弾として、半導体事業の対策を発表した。赤字に苦しむシステムLSI事業とディスクリート事業の改善策で、イメージ(画像)センサーと白色発光ダイオード(LED)から撤退するとともに、関連事業内で早期退職優遇制度を実施し、2017年3月期の黒字化を目指す。 システムLSI事業は

  • 米アップル、7─9月期売上高・利益が予想上回る iPhone好調

    2015/10/27 23:05 23

    [サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が発表した第4・四半期(9月26日まで)決算は、純売上高が約22%増の515億ドルとなった。新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6S」、「6Sプラス」の発売を追い風に、アイフォーン全体の売り上げが36%伸びた。 ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)はロイターとのインタビューで、中国市場に減速の兆候は見られないと指摘。中国では現在25店舗あり、新店舗がほぼ毎月1店増えている述べた。

  • 中国アリババ、7─9月は売上高が32%増 予想上回る

    2015/10/27 22:47 23

    [27日 ロイター] - 中国の電子商取引大手、アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)が27日発表した第2・四半期(7─9月)決算は、売上高が前年同期比32%増の34億9000万ドルとなり、ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の平均、34億4000万ドルを上回った。モバイル事業が好調だった。 一方で、中国の小売りサイトでの取引額を示す総取引高

  • サケにDHAのエサ、回帰率アップ 記憶力が向上か

    2015/10/27 4:42 17

     高級魚として知られるサケの一種サクラマスの稚魚に、ドコサヘキサエン酸(DHA)を混ぜたエサを与えて故郷の川に帰ってくる確率を高めることに、北海道大や岩手大などが成功した。3、4年かけて実用化し、漁獲量の増加につなげる。  食べさせたのは、マウスの実験で記憶力を高める効果があったDHAや、αリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)。青魚やエゴマに多く含まれる。  北大の上田宏特任教授(魚類生理学)らは2013年5月、これらを含む特殊なエサを1歳半の稚魚1500匹に6日間かけて与えた後、岩手県野田村の安家(あっか)川河口から数百メートル上流で放流。翌年8~10月に識別用のタグを腹に埋め込んだサクラマスが5匹、帰ってきた。14年2月の実験でも、1274匹中の7匹が今年9月までに姿を見せた。

  • この後どうなる? 表面の一部がくっついた2連星発見

    2015/10/24 6:08 16

     二つの恒星が近づき、表面の一部が融合している珍しい2連星を発見したと、欧州南天天文台(ESO)が発表した。このまま融合が進むと、超高速で回転する一つの特殊な巨大天体になるか、二つの連なったブラックホールができる可能性があるという。  この2連星は、16万光年離れたタランチュラ星雲にある「VFTS352」。二つ合わせた質量が太陽の約60倍ある似た大きさの恒星が、地球の1日とほぼ同じ周期でお互いの周りを回っている。中心部の距離は約1200万キロしか離れておらず、巨大な天体としては極めて近い。実際に二つの天体が融合する姿を確認できたわけではないが、位置関係や表面温度などから、一部が融合しているとみられるという。

  • アマゾンなど最高値、好決算のIT3強急伸=米国株式市場

    2015/10/23 18:41 19

    [23日 ロイター] - 23日の米国株式市場で、前日引け後にそろって好決算を発表したグーグル親会社のアルファベット(GOOGL.O)、マイクロソフト(MSFT.O)、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の米IT(情報技術)大手3社の株価が急伸している。 アルファベットはモバイル端末における世界の検索トラフィックが初めてデスクトップ端末を抜いた。アマゾンはクラウド事業の好調で、懸念材料だった利益率を押し上げた。 アルファベット株価は10.5%高の752.50ドルと最高値を更新。時価総額は5225億ドルに膨らみ、米アップル(AAPL.O)(6600億ドル)に次ぐ第2位の地位を固めた。

  • 日立が中間業績予想を上方修正、金融システムや海外鉄道など好調

    2015/10/23 7:03 24

    [東京 23日 ロイター] - 日立製作所(6501.T)は23日、2015年9月中間期の業績予想を上方修正したと発表した。国内向けの金融システム事業が堅調に推移したほか、鉄道事業の海外案件も好調だった。 売上高にあたる売上収益は前年比5.5%増の4兆8060億円(前回予想4兆7000億円)に、税引き前利益は前年比1.6%減の2540億円(同2000億円)に、親会社株主に帰属する当期利益は前年比17.5%減の970億円(同700億円)にそれぞれ引き上げた。 2016年3月期は、売上収益は前年比1.8%増の9兆9500億円、税引き前利益は同15.6%増の6000億円、親会社株主に帰属する当期利益は同42.5%増の3100億円を見込んでいる。

  • 自動車運転中に電話、ハンズフリーでも注意散漫に=米非営利団体

    2015/10/23 5:15 21

    [22日 ロイター] - 米国の非営利団体であるアメリカ自動車協会(AAA)交通安全財団は22日、自動車を運転中に音楽を変えたり、電話をかけたりした後は、たとえハンズフリー機能を利用したとしてもドライバーの注意力が27秒間も散漫になることがあるとする研究リポートを公表した。 リポートは

  • 血液つくる細胞、無限増殖の方法開発 理研・京大など

    2015/10/23 3:53 17

     血液をつくる造血幹細胞を取り出し、体外で様々な血液細胞に変化できる能力を保ちながら無限に増やせる方法を開発したと、理化学研究所と京都大再生医科学研究所などのチームが発表する。増えた細胞は主に白血球に変わるので、体内に戻してがん細胞を攻撃させるという治療法に応用できる可能性があるという。  造血幹細胞は主に骨髄にあり、増殖しながら白血球や赤血球、血小板などに変化する。ただ、体の外に取りだすと、うまく増えず、血液細胞を体外でたくさん作ることは難しかった。  研究チームは、マウスの胎児の肝臓から造血幹細胞を取りだし、特定のたんぱく質の働きを邪魔する遺伝子を組み込んだ。すると、血液細胞などになる前の段階で増え、1カ月で1万倍になった。条件を変えると、この細胞は様々な血液細胞に変化した。