Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • カタール首長「対話の用意」表明 サウジなどとの断交問題

    2017/07/22 3:11

     【イスタンブール共同】中東カタールのタミム首長は21日夜、テレビ演説し、同国と断交したサウジアラビアやエジプトなどアラブ諸国と問題解決に向けて「対話する用意がある」と述べた。ただ、カタールの主権を尊重した解決策でなければならないと強調した。  サウジなどが6月5日に断交を発表後、タミム首長が演説したのは初めて。首長は、今回の断交は「あらかじめ計画されていた」と語った。首長の「親イラン発言」が断交の一因とされるが、カタール側はハッカー攻撃によるでっち上げだと主張している。

  • 児童婚「私の子ども時代を壊した」 シリア内戦で急増

    2017/07/22 3:10

     ヨルダンの首都アンマンから北東約40キロの街、ザルカ。モスクの隣に、子どもや若者を支援するセンターがある。その一室で、少女は7カ月の娘ガザルちゃんを抱きながら語った。  シリア北部ラッカの出身。15歳のとき、5歳上の床屋の男性と結婚した。内戦が始まって3年がたっていた。夫は父の親類。父が申し出を受け入れ、少女は学校をやめた。  「結婚のことを何も理解していなかった。生活は、すべてが難しかった」。婚家の家族は計20人。料理やそうじを任された。姑(しゅうとめ)につらくあたられ、夫は暴言を吐き、暴力を振るった。  実母の理解を得て、7カ月後に実家に戻った。結婚時に実家が受け取った20万シリアポンド(当時のレートで約13万円)は返さなくてはならない。シリアでは年収にあたる額という。

  • ユダヤ人入植地で4人死傷 聖地巡り緊張高まる

    2017/07/22 2:04

     【エルサレム共同】パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ラマラの北方にあるユダヤ人入植地で21日夜、パレスチナ人の男が民家に押し入ってイスラエル人4人を刺し、3人が死亡、1人が負傷した。イスラエルのメディアが伝えた。男は入植地近くに住む19歳で、イスラム原理主義組織ハマスの支持者とみられる。銃撃を受けたが、意識はあるという。  エルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教双方の聖地「神殿の丘」(イスラム名ハラム・アッシャリーフ)の入り口にイスラエルが金属探知機など検問を設置したことに対し、イスラム教徒が反発を強めており、緊張感が高まっている。

  • 米、軍需産業強化の大統領令 通商「強硬派」が主導

    2017/07/22 1:37

     トランプ米大統領は21日、軍需産業や製造業を強化するための大統領令に署名した。トランプ政権は、米国内の製造業の衰退による経済、安全保障面への影響を懸念しており、安全保障にかかわる非常時に対応できるだけの供給力があるかどうかを調査する。  大統領令は、マティス国防長官に対し、ロス商務長官らと連携して軍需品の供給網などについて調査し、270日以内に大統領に報告書を提出するよう求めている。調査後の具体的な対応は示していない。  大統領令は通商政策で「強硬派」として知られるナバロ通商製造業政策局長が主導。ナバロ氏は記者会見で「軍需産業の健全性についての初めての政府全体の調査となる」と話した。一時は政権内の発言力を失ったとされたナバロ氏だが、一定の影響力を維持していることを示した形だ。

  • ロシアで最新鋭ミグ35一般公開 国際航空見本市開催

    2017/07/22 0:51

     【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワ郊外ジュコフスキーの飛行場で2年に1度開かれる国際航空見本市「MAKS2017」の一般向け公開が21日、始まった。戦闘機ミグ29の後継機に当たり、19年にロシア軍に配備予定の最新鋭戦闘機ミグ35が展示の目玉。  ロシア内外の軍事、航空産業関係者らが集まった18日の開幕式でプーチン大統領は「軍用機や宇宙ロケットの分野でロシアは強固な地位を占めており、この分野での潜在力をさらに強化する」と演説。軍事航空産業の発展に尽力する姿勢を強調した。見本市は、18~20日は関係者向けに行われていた。23日まで。

  • 入植地でイスラエル人3人刺殺 パレスチナ人が民家侵入

    2017/07/21 23:42

     ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラ近郊のユダヤ人入植地ハラミシュで21日夜、イスラエル人の男女3人が刃物で刺され、死亡した。地元メディアによると、近くの街に住むパレスチナ人の若い男が夕食時の民家に侵入し、家族を襲い、ほかにも負傷者がいるという。男は、駆けつけた非番の兵士に撃たれて制止された。  エルサレム旧市街で14日に起きた銃撃事件を受けて、イスラエル当局が聖地に設置した金属探知機をめぐり、イスラム教徒のパレスチナ人らが強く反発。パレスチナ人とイスラエル治安当局の衝突は21日、エルサレムや西岸各地に拡大し、パレスチナ人3人が死亡、数百人が負傷した。

  • 「トランプ政権の顔」半年で辞任 広報人事に不満漏らす

    2017/07/21 22:58

     トランプ米政権は21日、ホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官が辞任したと発表した。後任にサンダース副報道官が昇格する。スパイサー氏は、トランプ大統領がホワイトハウスの広報戦略を担う広報部長に投資会社創業者のアンソニー・スカラムッチ氏を起用したことに反発したという。政権発足からわずか半年で「政権の顔」とされる報道官が交代する異例の事態となった。  サンダース副報道官が

  • 「ぜいたく過ぎる僧侶」逮捕 タイ当局、詐欺などの疑い

    2017/07/21 22:41

     【バンコク浜田耕治】自家用ジェット機に乗り、ポルシェなどの高級車を所有-。質素倹約のイメージとは程遠い、派手な暮らしぶりで「ぜいたく過ぎる僧侶」と批判されていた元僧侶の男が、タイの捜査当局にマネーロンダリング(資金洗浄)や詐欺などの疑いで逮捕された。男は容疑を否認している。  男はウィラポン

  • イラン、米対応に不満 核合意履行を協議

    2017/07/21 22:41

     【ウィーン共同】イランと欧米など6カ国の政府高官らは21日、イラン核合意を巡る合同委員会をウィーンで開き、合意の履行状況などを協議した。協議後、イランのアラグチ外務次官は記者団に対し、核合意の履行の重要性を強調、米国が順守しない場合は「イランには対応する権利がある」と不満を示した。  トランプ米政権は、イランが合意を履行していると認める一方で、批判的な姿勢を崩していない。イランの弾道ミサイル開発を理由に別途独自の制裁を科しており、今月18日には制裁対象を拡大。イラン側は近く対抗措置を取る構えを示している。

  • イージス艦側に過失か、米報道 伊豆沖衝突事故、海軍予備調査

    2017/07/21 22:41

     【ワシントン共同】静岡県・伊豆半島沖で米イージス駆逐艦とコンテナ船が衝突し、米兵7人が死亡した事故で、CNNテレビは21日、イージス艦乗組員による「複数の過失」が原因だった可能性があると報じた。イージス艦側がコンテナ船の接近を衝突寸前まで把握できず、適切な回避措置が取れなかったとの見方が出ている。  米側の予備調査結果として、複数の米軍当局者が明らかにした。コンテナ船に関する情報がイージス艦の指揮官に適切に伝わっていたかも疑問視されている。イージス艦が目的地への到着を急ぐあまり、通常より速度を上げていたとみられることも判明した。