Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 原油需給、遠くない将来に「適度な」価格で均衡=サウジアラムコ

    2016/01/25 9:59 4

    [リヤド 25日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコのカーリッド・アルファレ会長は25日、世界の原油需給は最終的には「適度な」価格で均衡すると述べた。 会長は、ビジネス会議でのパネルディスカッションにおいて「石油・ガスの生産能力に関する当社の投資は鈍化していない。コストカットを通じて、支出削減を大きく進めることができた」と明らかにした。 政府のサウジアラムコ株売却計画については、下流ベンチャーの株式のみを売却するのか、上流の石油・ガス事業を含む本体の株式も売却対象になるのかをめぐって、当局はまだ決定を下していないと述べた。

  • イランとサウジ、緊張緩和に向けあらゆる措置を=イラン外務次官

    2016/01/25 9:22 5

    [テヘラン 25日 ロイター] - イランのアラグチ外務次官は25日、イランとサウジアラビアは両国間の緊張緩和のためにあらゆる措置をとるべきとの見解を示した。 今月初め、イスラム教スンニ派が支配するサウジが国内のシーア派指導者らを処刑したと発表

  • 2015年の中国原子力発電、前年比29.4%増=業界団体

    2016/01/25 8:52 4

    [北京 25日 ロイター] - 中国原子力産業協会(CNEA)によると、2015年の同国の原子力発電量は1689億9000万キロワット時となり、前年を29.4%上回った。 中国では、石炭への依存度を抑制し、今後10年間の公害および温室効果ガス排出量の目標を果たすうえで原子力発電が主要な役割を果たす見込みで、2020年末までに原子力による発電能力を58ギガワットに増やしたい考え。ただ、2011年の福島原発事故以来4年にわたり新規事業が認可されなかったことから、目標が達成されない可能性があるとみられている。

  • マレーシア首相、イスラム国の脅威に「現実味」 分派組織が攻撃警告

    2016/01/25 7:30 3

    [クアラルンプール 25日 ロイター] - マレーシアのナジブ首相は、同国が過激派組織「イスラム国」の「非常に現実味を帯びた」脅威にさらされていると警告した。マレー系インドネシア人とマレーシア人で構成するイスラム国の分派「カティバ・ヌサンタラ」とみられる組織が、同国への攻撃を警告するビデオ映像をネットに投稿したことが背景。 首相は、過激主義に関する会議で「この脅威は非常に現実味があり、政府として真剣に受け止めている。これは世界中が直面している問題で、マレーシアはこの危険の影響を受けやすい状況にある」と指摘した。

  • 中東安定化に欧州が貢献するにはロシアとの協力必要=独財務相

    2016/01/25 6:42 4

    [ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのショイブレ財務相は24日、中東安定化に向けて欧州は貢献度を高め、イランとサウジアラビアの間の緊張を低下させるため、ロシアと協力して戦略をたてることが必要、との見解を25日付フランクフルター・アルゲマイネ紙に寄稿した。 「イスラム過激派による攻撃に関し

  • 独与党の若手幹部、難民を選別する「国境センター」提案

    2016/01/25 6:41 3

    [ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の幹部、ユリア・クレックナー氏は、オーストリアとの国境沿いに「国境管理センター」を設置し、滞在資格がないと判断した移民や難民を速やかに本国送還することを提案した。 西部ラインラント

  • 米国務長官がアジア歴訪、ASEANに対中国で連携強化呼びかけ

    2016/01/25 5:35 1

    [ビエンチャン 24日 ロイター] - ケリー米国務長官は24日からアジア歴訪を開始した。今月再び核実験を行った北朝鮮に対して圧力を強めるよう中国に求める一方、南シナ海で人工島造成などを進める中国への対応で連携を強化するよう東南アジア諸国に呼びかける。 長官は、2016年の東南アジア諸国連合

  • インドネシアルピア、2016年下期に上昇の見通し=中銀副総裁

    2016/01/25 4:24 5

    [ジャカルタ 25日 ロイター] - インドネシア中央銀行のワルジョ副総裁は25日、今年は外部要因がより安定し、これを受けて通貨ルピアは下期に上昇するとの見通しを示した。 副総裁は、米連邦準備理事会(FRB)が年内に利上げを2回実施し、政策金利は合計で100ベーシスポイント(bp)引き上げられると予想。また、中国の金融市場が安定して外部環境がより安定的になるとの見方を示した。 ルピアIDR=は昨年、対米ドルで10%超下げ、アジアで2番目に最もパフォーマンスの悪い通貨となった。一方、今年に入っては最もパフォーマンスのいい通貨の一つとなっており、GMT0335(日本時間午後0時35分)時点で1ドル=1万3845ルピアで推移している。

  • 台湾、寒波で60人死亡 休校も相次ぐ

    2016/01/25 4:12 7

     【台北共同】台湾紙、聯合報(電子版)によると、台湾を襲った寒波の影響で23日から25日朝にかけて少なくとも60人が死亡した。多くが気温低下による心筋梗塞など心臓や血管の疾患によるとみられるという。  台湾は23日から気温が激しく低下。25日も各地で記録的な低温となり、一部の小中学校は相次いで休校を決めた。地元テレビは北東部の山間部にある自然公園で、道路が大雪の影響で封鎖されるなどして多くの観光客が下山できなくなったと伝えた。

  • ギリシャ首相、改革に決意 総選挙から1年、支持急落

    2016/01/25 2:22 7

     【アテネ共同】財政危機のギリシャで欧州連合(EU)主導の財政緊縮策に反対した急進左派連合(SYRIZA)が勝利した総選挙から25日で1年になるのを前に、SYRIZAを率いるチプラス首相は24日、党の集会で「国家の重要課題を解決するため責任を持って対応する」と語り、財政再建に向けた改革を実行する決意を表明した。  チプラス氏は反緊縮を旗印にEU側との金融支援協議に強硬姿勢で臨んだが、財政破綻やユーロ圏離脱の危機に陥り、最終的により厳しい財政再建策の履行を余儀なくされた。SYRIZAの支持率は急落し、不満を強める農民や各団体の抗議デモが頻発している。