Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 国外へ本社移す節税「待った」 米、海外企業買収に対策

    2014/10/24 20:41 3

     節税を狙って外国企業を買収し、国外に本社を移す手法が広がる米国で、政府が対策に乗り出した。防止策の導入後、米製薬会社が買収案の撤回を発表。対策が奏功した形だが、抜本的な問題解決のめどはみえていない。  米製薬会社のアッヴィは

  • フェイスブックCEO、中国語で討論会 自虐ネタで笑い

    2014/10/24 14:23 8

     交流サイト「フェイスブック(FB)」の最高経営責任者(CEO)、マーク・ザッカーバーグ氏が22日夜、北京の清華大学で開かれた教授や学生との討論会に参加した。約30分間に及んだ対話をすべて中国語でこなして、聴衆を驚かせた。複数の中国メディアが報じた。  ザッカーバーグ氏は清華大経済管理学院の「顧問委員」を務める。討論会では「『ニーハオ(こんにちは)』にとどまらず、なまりの強い中国語で話し通した」(英字紙チャイナ・デイリー)。  ザッカーバーグ氏は中国系アメリカ人のプリシラ・チャン夫人と交際していた2010年から、「彼女や彼女の祖母と会話するために」中国語を学び始めた。「聞き取る能力が弱いけれど、妻に言わせると英語だってきちんと聞きとれていないらしい」と笑いを誘った。

  • イスラム国、石油密売で「1日1億円」 米政府高官

    2014/10/24 9:54 6

     米財務省でテロ資金対策を担当するコーエン次官は23日、中東の過激派組織「イスラム国」が「6月中旬以降、石油の密売で1日約100万ドル(約1億円)の収入を得ている」との見方を示した。「先例のないペースで資金を集めている」として、資金源を断つために国際的な協力を訴えた。  コーエン氏は「『イスラム国』はシリアやイラクの油田で採れた石油を売り、数百万ドル規模の収入を得ている」と指摘。トルコなどの中間業者に極めて安価で売り、業者がタンカーやコンテナなどでイスラム国の支配地域外に運び出しているという。

  • 手おので警官襲撃 米NY、イスラム過激派との接点捜査

    2014/10/24 5:54 25

     米ニューヨーク市クイーンズ地区で23日、男が手おので警察官を襲撃する事件が起きた。頭部を切りつけられた警官1人が重傷。捜査当局は、ソーシャルメディアへの書き込みから、男が、襲撃を呼び掛けたイスラム過激派の声明の影響を受けた可能性を排除せず、事件の背景を慎重に調べている。  AP通信などによると、男は午後2時ごろ、商業地区の路上で、写真撮影でポーズをとっていた警官4人組を無言のまま襲った。手おので警官(24)の右腕を切りつけ、別の警官(25)の頭部を襲った。襲撃を免れた警官が男を射殺した。居合わせた女性(29)が流れ弾を背中に受け、搬送されたという。頭部を襲われた警官は重傷、腕を襲われた警官は軽傷。女性の容体は不明。

  • 米ネットビジネス、出会い系に熱視線 22億ドルの市場

    2014/10/24 4:25 40

     出会い系サイトに、米複合メディア企業IAC(InterActiveCorp)はずっと目がなかった。そして、今、これまで以上に真剣になっている。  バリー・ディラー率いるIACは

  • 韓国軍への指揮権移管、20年代半ばまで延期 朝鮮有事

    2014/10/24 2:33 8

     米国のヘーゲル国防長官と韓国の韓民求(ハンミング)国防相が23日、ワシントン郊外の国防総省で会談し、朝鮮半島有事の際の作戦統制(指揮)権を米軍から韓国軍に移管する時期を、予定していた2015年12月から延期することで合意した。韓国軍が北朝鮮の脅威に十分対応できる能力をつけるまでとし、移管の目標を20年代半ばとしている。  両氏が定例安保協議(SCM)で合意し、共同会見で発表した。ヘーゲル氏は延期の背景について、「北朝鮮の(地域を)不安定にさせる政策や危険な挑発行為が、北東アジアの安全と安定に重大な脅威となっている」と強調。移管の時期は、「韓国軍が北朝鮮の増大する脅威に対応できる必要な防衛能力を得るまで」と語った。

  • 拉致再調査、訪朝団に厚労省担当者 遺骨問題などに対応

    2014/10/24 2:28 4

     岸田文雄外相は24日の記者会見で、北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査の現状を確認する政府代表団に、厚生労働省の担当者も加わることを明らかにした。北朝鮮が拉致問題と並行して調査している日本人遺骨や日本人配偶者らの情報が出てきた場合への対応とみられる。  政府は27~30日に平壌に代表団を派遣する。代表団は外務省の伊原純一・アジア大洋州局長を団長とし、内閣官房や警察庁の担当者ら約10人で構成。北朝鮮の特別調査委員会のメンバーと面会し、遅れている再調査の初回報告を急がせる狙いがある。岸田氏は厚労省の担当者を加えたことについて、「わが国の立場、考え方を政府全体として伝えるということで代表団を構成した」と述べた。

  • 温室効果ガス、30年までに40%削減 EUが目標決定

    2014/10/24 2:19 4

     欧州連合(EU)は23日、ブリュッセルで首脳会議を開き、2030年までに温室効果ガス排出量を1990年比で40%削減する目標を決めた。主要国で30年の目標を掲げるのはEUが初めて。来年末にパリで開く国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に向け、EUがリーダーシップをとる狙いだ。  首脳会議の総括文書では、温室効果ガスの40%削減を義務づけるほか、風力など再生可能エネルギーが最終エネルギー消費に占める割合を少なくとも27%に引き上げる義務的な目標を掲げた。エネルギー効率も少なくとも27%の向上をめざす。EUはこれまで、いずれも20年までの目標を20%に設定していた。

  • 朝鮮半島有事の指揮権、米から韓国への移管延期へ

    2014/10/24 0:05 4

     朝鮮半島有事の際の作戦統制(指揮)権を米軍から韓国軍に移管する問題をめぐり、ヘーゲル米国防長官と韓民求(ハンミング)韓国国防相が23日午後(日本時間24日未明)にワシントンで開く定例安保協議(SCM)で、2015年12月に予定されていた移管時期の延期で正式合意する見通しになった。韓国政府関係者が明らかにした。背景には、核・ミサイル開発などを続ける北朝鮮の現状がある。  統制権の移管は

  • WHO、エボラ出血熱の対策は「主催国の判断で」

    2014/10/23 16:40 5

     世界保健機関(WHO)は23日、西アフリカで大流行しているエボラ出血熱の拡大防止策について記者会見した。会見では、流行していない国でのスポーツを含む国際イベントの中止や感染国からの参加の制限について、「勧めない」としつつも、主催国の判断を容認する姿勢を示した。  会見によると、緊急委は、感染国への渡航や通商は全面禁止されるべきでない、とするこれまでの勧告を確認した。一方で、流行していない国で国際イベントの中止や延期を検討する動きが出ていることについては、「個々の判断による」とした。