Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 米政府、議会選挙の介入疑惑でロシア人を刑事告発

    2018/10/19 21:53 1

    [ワシントン 19日 ロイター] - 米政府は19日、ロシア政府の関与が疑われる米国に対する「情報戦争」で、資金面で重要な役割を果たした疑いで、ロシア人1人を刑事告発した。来月の議会選挙への介入も試みていたとみられる。 刑事告発されたのはエレーナ

  • ASEM首脳会合、欧州が中国へ市場開放迫る

    2018/10/19 17:33 4

    [ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州各国は19日、アジア欧州会議(ASEM)首脳会合で中国に対して市場を開放するように促した。会合ではフランスと英国、ドイツ、イタリア、欧州連合(EU)欧州委員会が中国の李克強首相と個別に協議を設け、欧州企業による中国市場のアクセスを改善するように求めた。 中国は何年もの間

  • 米FRB、サウジ記者失踪に絡む石油市場への影響注視=アトランタ連銀総裁

    2018/10/19 17:29 4

    [メーコン(米ジョージア州) 19日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は19日、サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏失踪に絡み、石油市場に何らかの影響が及ぶか注視していると語った。 米経済見通しを巡るリスクについて質問を受けたボスティック総裁は、地政学リスク全般とし、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉やサウジの動向に言及。「カショギ氏失踪が(対サウジ)制裁につながり、原油市場に何らかの影響が及ぶかどうかが問題だ」とした上で、「何が起こるかは分からないが、状況を注視している」と述べた。

  • 米鉄鋼・アルミ関税巡るWTO裁定要請が12件に

    2018/10/19 17:25 3

    [ジュネーブ 19日 ロイター] - 米国の鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を巡り、世界貿易機関(WTO)に対し世界各国からこれまでに12件の裁定の要請が寄せられていることが19日、WTO紛争処理小委員会が29日に開く会合の議題一覧で明らかになった。 米国は3月、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の輸入関税措置を発動。これに対し中国、欧州連合(EU)、カナダ、メキシコ、ノルウェー、ロシア、トルコがこれまでに紛争処理パネルの設置を要請した。 米国もまた、カナダ、中国、メキシコ、EUの米国への対抗関税措置に対しWTOに裁定を要請。米国はこれとは別に中国との知的財産権を巡る問題でWTOに裁定を求めている。

  • 文大統領「北朝鮮へ制裁緩和必要」 非核化向け議論提案

    2018/10/19 17:16 3

     韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は19日、訪問先のベルギー・ブリュッセルで、英国のメイ首相と会談し、「北朝鮮が非核化を進展させる場合に人道的支援や制裁の緩和が必要だ」と述べ、国連安全保障理事会で議論するよう求めた。メイ氏は北朝鮮の現在の措置だけでは不十分との認識を示した。韓国大統領府が明らかにした。  韓国大統領府によると

  • 中国で3年ぶりに韓国週間 でも「あまり盛大には…」

    2018/10/19 15:03 3

     中国最大規模のコリアタウン「西塔」がある東北部の瀋陽で19日、韓国文化を紹介するイベント「韓国週間」が始まった。在韓米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD(サード))配備をめぐり、中韓関係が冷え込んだ過去2年間は開かれず、3年ぶりの再開。ただ、催しの規模は大幅に縮小されており、完全復活とはいかないようだ。  瀋陽市には中国の朝鮮族約

  • 北朝鮮訪問「招待状来れば、必ず返答する」 ローマ法王

    2018/10/19 10:14 1

     韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は18日、バチカンでローマ・カトリック教会のフランシスコ法王と会談し、法王の訪朝を歓迎するとした北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のメッセージを伝えた。法王は「公式の招待状が来れば、必ず返答する」と述べた。韓国大統領府が明らかにした。  大統領府によれば、文氏は9月に訪朝した際、正恩氏に「フランシスコ法王は朝鮮半島の平和繁栄への関心が高い。正恩氏が面会したらどうか」と打診。正恩氏は「法王が平壌を訪れれば熱烈に歓迎する」と述べ、訪朝を求める考えを示していた。

  • 英EU離脱、移行期間延長でも「安全策」必要=アイルランド首相

    2018/10/19 9:17 1

    [ブリュッセル 19日 ロイター] - アイルランドのバラッカー首相は19日、英国の欧州連合(EU)離脱について、離脱後の移行期間が延長された場合でも、北アイルランドとの国境の厳格な管理を避ける「バックストップ」(安全策)の必要性が低下することはないとの認識を示した。EU首脳会議で記者団に述べた。 メイ英首相が北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)の反対を押し切って、EUが提案するバックストップを受け入れる必要があるかどうかは、メイ首相が判断することだとの認識も示した。

  • 「幸せの国」も格差の波 総選挙で是正訴える新党勝利

    2018/10/19 8:36 2

     「幸せの国」を掲げるヒマラヤの王国ブータンで18日、総選挙(国民議会、定数47)があり、選挙管理委員会によると、外科医のロテ・ツェリン党首(50)が率いる協同党(DNT)が、格差の是正を訴えて30議席を獲得し、初めて政権の座につくことになった。  下院に相当する国民議会の選挙は

  • ブレグジット、移行期間延長だけで問題は解決せず=独外務省高官

    2018/10/19 6:37 1

    [ベルリン 19日 ロイター] - ドイツのロート外務省国務大臣(欧州問題担当)は19日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉について、EUとドイツ政府はブレグジット後の移行期間延長を阻止するつもりはないが、延長だけで問題が解決するわけではないとの見解を示した。 同大臣は西部ドイツ放送協会(WDR)に対し、「それで問題が解決し、将来の関係についての交渉にさらに数カ月が必要であれば、EU27カ国とベルリンにいるわれわれのせいでだめになることは決してない」としつつ、「しかし、延長だけで問題は解決しない。アイルランドと北アイルランドのハードボーダー(厳格な管理)に関しては、妥当な解決策にはまだ至っていない」と述べた。