Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 原油先物3%高、中国の景気テコ入れ計画受け

    2019/01/15 21:36 76

    [ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国時間の原油先物は大幅高となり、約3%上昇した。中国が低迷する経済の安定に向けて政策を導入する計画が支えとなった。 清算値は、北海ブレントLCOc1が1.65ドル(2.8%)高の1バレル=60.64ドル。WTICLc1は1.60ドル(3.2%)高の52.11ドルだった。 トラディショナル・エナジーのジーン・マクギリアン氏は「今年の経済鈍化を巡る不安は幾分後退した」とし、市場は景気が想定より改善すると示唆するニュースに注目していると述べた。

  • イラン、米の警告振り切りロケット打ち上げ 衛星は失敗

    2019/01/15 20:46 70

     イラン政府は15日、同国北部のセムナン州にある宇宙センターから人工衛星を搭載したロケットを打ち上げたが、衛星を軌道に乗せるのに失敗したと明らかにした。ロケットの打ち上げは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)技術の向上につながるとされる。このため、イランのミサイル開発に神経をとがらせる米国が打ち上げを中止するように警告していた。  イランのジャフロミ通信・情報技術相は自身のツイッターで、ロケットから衛星を切り離す際に、速度不足で軌道に乗せることが出来なかったと説明。再びロケットの打ち上げを実施すると表明した。

  • 英議会、EU離脱協定案を否決 反対432・賛成202

    2019/01/15 20:19 62

     3月29日に欧州連合(EU)から離脱する英国の議会下院で15日夜(日本時間16日朝)、円滑な離脱に向けた協定案の採決があり、賛成202、反対432の大差で否決された。これを受け、メイ首相は英議会の3開会日以内に代替案を示すことになる。政権も議会の多数派も、混乱を招く「合意なし離脱」は避けたい意向だが、打開策は見いだせていない。離脱の先行きはますます見通せなくなった。  協定案は、離脱から2020年末までを移行期間とすることや

  • 米連邦地裁、「市民権の有無」問う方針認めず 20年国勢調査で

    2019/01/15 18:19 68

    [ニューヨーク 15日 ロイター] - 米ニューヨーク州マンハッタン連邦地裁は15日、2020年の国勢調査で米市民権の有無を尋ねる質問を追加するトランプ政権の計画を退ける判断を下した。 ロス商務長官は昨年3月、投票権法の「より効率的な執行」を望む司法省の意向を反映し、市民権の有無を尋ねる質問を復活させる方針を発表。これを受け、米18州と15都市のほか、さまざまな市民権擁護団体が提訴していた。 連邦地裁のファーマン判事はこの日、商務省に差別的な意図があったことを示す証拠には欠けるとしつつも、市民権の有無を尋ねる質問は「恣意的かつ気まぐれ」で、連邦法に違反するとの判断を下した。

  • 日本・イスラエル、IT活用医療の協力強化へ 両国合意

    2019/01/15 17:44 65

     世耕弘成経済産業相は15日、訪問先のエルサレムでイスラエルのコーヘン経済産業相と、両国がITを活用した医療分野で協力することで合意した。来年の東京五輪・パラリンピックを控え、日本政府は先端技術を持つイスラエルとサイバー防衛分野などで連携を強化しているが、経済協力をさらに広げる狙いがある。  イスラエルは健康に関するデータやITを医療に活用する

  • ナイロビのホテル襲撃され爆発 死者いる模様、テロか

    2019/01/15 14:53 67

     ケニアの首都ナイロビのリバーサイドにある高級ホテル周辺が15日、襲撃され、複数の爆発が起きた。容疑者やけが人などの詳細は不明だが、建物周辺からは複数の銃声も聞こえた。負傷者が出ている模様。治安部隊はテロの可能性があるとみて、容疑者の確保と建物内にいた市民らの救出を進めている。  襲撃は15日午後3時半(日本時間同日午後9時半)ごろ、高級ホテルやオフィス、飲食店が立ち並ぶ地区で発生。救急車のサイレン音も鳴り響いた。地元テレビは、血を流して建物内から逃れる市民の姿や治安部隊が突入する様子を映した。

  • 韓国体育会長「メダルより再発防止」五輪の性暴力被害に

    2019/01/15 11:44 59

     韓国体育会の李起興会長は15日、平昌冬季五輪の金メダリストの女子選手が男性コーチから性暴力を受けていたと実名告白した問題に関し、「自浄機能を果たせなかった」として国民に謝罪した。背景に成績至上主義や組織的な隠蔽(いんぺい)があったと認め、「メダルをあきらめてもスポーツ界に蔓延(まんえん)した温情主義を根絶する」と再発防止を約束した。  きっかけは平昌五輪のスピードスケート

  • 「合意なし離脱避ける道」 英首相、EU協定案可決訴え

    2019/01/15 11:32 56

     欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、英国とEUが合意した協定案の採決が15日に、英国議会下院で行われる。メイ首相は14日、英中部ストークオントレントで演説し、否決されてEUとの「合意なし離脱」となった場合には社会的な混乱が生じると訴え、反対派に政府の協定案への賛成を迫った。  英国政府がEUと合意した協定案は

  • 中国、カナダへの渡航注意勧告 中国人の「恣意的な拘束」理由に

    2019/01/15 11:00 59

    [北京 15日 ロイター] - 中国外務省は15日、カナダへの渡航について注意勧告を出した。カナダで中国人が「第三国」の要請で「恣意的な拘束」に処せられたことを挙げ、国民にカナダに渡航する場合に「リスクを十分評価」するよう警告した。 昨年12月初め、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が米国の要請でカナダで逮捕されたことを受け、中国とカナダの関係が悪化している。

  • 公の場で異性と抱擁はダメ? 大学が女子学生を処分

    2019/01/15 10:18 65

     イスラム教スンニ派の最高学府とされるエジプトのアズハル大学は14日、公の場で異性と抱擁した自校の女子学生に、今学期末の試験を受けさせないとする処分を下した。イスラム教徒が9割を占めるエジプトの社会は保守的で、未婚の男女が人前でいちゃつく行為は「ご法度」とされる。  発端は1月上旬、インターネット上に投稿された動画。オープンカフェのような場所で、男子がひざまずいて女子学生に花束を差し出した後、2人で抱き合う場面が映っている。プロポーズする様子を友人が撮影したとみられる。