Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 17日から都内でG20財務相・中銀総裁代理会議 初の議長国

    2019/01/15 9:56 53

    [東京 15日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁代理会議が、17、18日に東京都内のホテルで開催される。2018年末に日本がG20議長国となって初の会合。日本政府は少子高齢化の下での持続的な世界経済の成長について議論し、保護主義的なアプローチとは距離を置いたスタンスを明確にしたい考えだ。6月のG20首脳会議に向け、本格的な議論がスタートする。 日本は議長国として

  • メルケル首相、EU離脱で英首相に譲歩せず=独政府報道官

    2019/01/15 9:52 63

    [ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ政府報道官は15日、同国のメルケル首相が英国の欧州連合(EU)離脱でメイ英首相に譲歩したとの英紙サンの報道を否定した。 報道官は「(メルケル)首相は、12月の欧州首脳会議で協議されたことや、ユンケル(欧州委員長)とトゥスク(EU大統領)の書簡で述べられていること以外の保証は全くしていない」と述べた。 サン紙がメイ氏の支持者らの話として報じたところによると、メルケル首相はメイ氏に土壇場で助け舟を出し、離脱案が議会で否決された場合、EUはさらなる譲歩が可能だと伝えたという。[nL3N1ZF11K]

  • インドネシア貿易赤字、18年は過去最大 12月の輸出減

    2019/01/15 9:11 42

    [ジャカルタ 15日 ロイター] - インドネシア統計局が発表した2018年の貿易赤字は85億7000万ドルと、過去最大となった。2017年は118億4000万ドルの黒字だった。12月の貿易収支は3カ月連続の赤字だった。 バンク・ペルマータのエコノミスト、Josua Parded氏は

  • 中国、国有企業に米国への渡航を避けるよう要請=ブルームバーグ

    2019/01/15 8:45 55

    [15日 ロイター] - ブルームバーグは15日、中国が一部の国有企業に対し、米国やその同盟国への出張を避け、渡航が必要な場合は使用する機器の保護に十分な注意を払うよう要請したと報じた。 ブルームバーグは事情に詳しい関係筋の話として、国有資産監督管理委員会(SASAC)がここ数週間に一部企業に対し、渡航が必要な場合は、海外使用向けの企業の安全なノート型パソコンのみを持っていくよう指示したという。 渡航を巡る警告は、情報共有に関する協定「ファイブ・アイズ」を結ぶ英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドへの渡航も対象としているという。

  • 自爆テロ?死傷者100人超 カブール、タリバーン声明

    2019/01/15 7:58 57

     アフガニスタンの首都カブール東部で14日夜、自爆テロとみられる爆発があり、保健省によると、死者は市民ら4人、負傷者は113人に達した。反政府勢力タリバーンが15日、犯行を認める声明を出した。  爆発はNGOなどで働く外国人職員が住む地区で起きた。地区を囲む塀の外で車爆弾が爆発。飛び散った建材やガラスで付近住民らが負傷したという。タリバーンは声明で「1人が車を使って自爆した後、3人が地区に入って侵略者(外国人)を殺した」と説明した。外国人の被害は明らかになっていない。

  • 中国、来年末までにリサイクル拠点100カ所新設へ

    2019/01/15 7:52 59

    [上海 15日 ロイター] - 中国工業情報省は、来年末までに大規模なリサイクル拠点を100カ所新設する方針を示した。資源の有効活用を目指す。 大型の固形廃棄物をリサイクルする「総合活用」拠点を50カ所、金属・石炭生産、建設、農業、林業分野の産業廃棄物をリサイクルする拠点を50カ所新設する。 同省によると、新たなリサイクル拠点では、共用自転車、包装、バッテリー、ソーラーパネルなど、社会に特に大きな影響を及ぼしている廃棄物を処理する。最新の技術・製品・リサイクル手法を駆使するという。 中国のリサイクル業者は、欧米から分別済みの廃棄物を輸入して利益を上げていたが、中国政府は2017年以降、廃棄物の輸入を制限。その後も対象品目を拡大している。

  • 総選挙先送り反対デモ、再び タイ軍政に反発広がる

    2019/01/15 7:38 54

     タイの首都バンコクで13日、総選挙の先送りに反対するデモがあった。軍事政権が2月24日にも実施すると表明していた総選挙が3月以降にずれ込む可能性が高まってから、バンコクでのデモは3回目。デモは地方にも広がりつつある。  この日は、バンコク中心部の繁華街に夕方から民主活動家や市民ら百数十人が集まり、「選挙を遅らせるな!」「プラユット(暫定首相)は出て行け!」などとシュプレヒコールを上げた。  また、主催者は声明を出し、遅くとも3月10日までに総選挙を実施するよう要求。選挙実施に向けた動きがない場合、19日にもデモを構えると予告した。

  • イラン・イラク国境密輸ルポ たばこや家電、ラバが運ぶ

    2019/01/15 7:15 62

     1980年代のイラン・イラク戦争では主戦場だった国境の山岳地帯で、クルド人による密輸が続いている。経済発展の遅れた地域にあって生活を支える仕事なのだが、核合意を離脱した米国の対イラン制裁が影を落としている。  山の中腹で

  • バスもない、地下鉄もない…地方の怒り、仏デモ再び拡大

    2019/01/15 6:23 66

     フランス政府の燃料税引き上げ方針に抗議して全土に広がったジレジョーヌ(黄色いベスト)運動の参加者が、再び増えている。デモは毎週土曜に行われ、28万人以上が参加した昨年11月17日をピークに減少。昨年末は最少の約3万2千人だったが、1月12日は約8万4千人だった。人々の怒りはどこから来るのか。運動の主な舞台である地方を訪ねた。  パリの南西約

  • EU離脱めぐる運動が過激化 ヘイト発言で逮捕者も

    2019/01/15 5:41 43

     英国の欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、離脱派の一部に攻撃的な言動が目立っている。12日には、残留派の与党議員に暴言を吐いた男が公共の秩序を乱した疑いで逮捕された。英国ではEU離脱をめぐる賛否両派の対立が激しくなっており、残留派議員が極右に射殺された2016年の国民投票前のようだと危惧する声も出ている。  英メディアによると