Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 日立、英国で架線切断事故 鉄道網が混乱 車両試験中に

    2018/10/17 23:09 2

     日立製作所が16日夜、ロンドン西部の鉄道路線で自社製車両の運行試験をしていたところ、架線を切断した。この影響で17日朝からロンドン中心部と郊外を結ぶ路線などで一時的に運休したり、遅れが出たりして鉄道網が混乱した。日立は原因を調査している。  日立の説明によると、16日午後10時ごろ、英鉄道運行事業者に引き渡し前の車両が架線を切断した。車両はイタリアの工場で組み立てたものだという。  17日朝までに復旧が間に合わず、ロンドン中心部のパディントン駅とヒースロー空港、ロンドン郊外のスラウ駅などを結ぶ路線で一時、運休となった。英BBCによると、鉄道運行事業者は、英西部ブリストルなどでも乗客に影響が出たと説明しているという。

  • サウジ皇太子周辺の男ら関与か 米紙報道 記者殺害疑惑

    2018/10/17 22:14 1

     トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者のジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑で、米紙ニューヨーク・タイムズなどは17日までに、トルコの捜査当局が容疑者とみているグループの中に、サウジのムハンマド皇太子に近い複数の男がいると報じた。報道が事実であれば、皇太子も事情を把握していたという疑念が高まる可能性がある。  カショギ氏は今月

  • 米、トルコに失踪記者の音声・映像記録提供を要請 ポンペオ氏はエルドアン大統領と会談

    2018/10/17 20:21 3

    [アンカラ 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、トルコ政府に対し、サウジアラビアの反体制記者ジャマル・カショギ氏の失踪に関連する音声や映像記録が存在するのであれば提供するよう要請したことを明らかにした。 トルコが音声や映像記録を入手しているという報道を踏まえ

  • トランプ米大統領、サウジとの関係断絶望まず 記者失踪巡り

    2018/10/17 20:20 2

    [ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏失踪問題を巡る懸念を踏まえつつも、米国が中東の友好国であるサウジとの関係を絶つことは望んでいないとの認識を示した。 トランプ大統領はFOXビジネスニュースとのインタービューで

  • 米国務長官、トルコ大統領と会談 サウジ記者失踪を協議

    2018/10/17 15:24 1

    [アンカラ 17日 ロイター] - ポンペオ米国務長官が17日、訪問先のトルコでエルドアン大統領などと会談し、サウジアラビアの反体制記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館訪問後に行方不明になった問題を協議した。 トルコのチャヴシュオール外相は

  • 米、対トルコ制裁巡り近く決定 最終決定はまだ=ポンペオ国務長官

    2018/10/17 15:23 1

    [ワシントン 17日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は17日、対トルコ経済制裁について近く決定を下すことを明らかにした。CNNによると、アンカラ訪問後、機中で記者団に語った。 ポンペオ長官は、対トルコ制裁の一部はトルコが前週に釈放した米国人牧師のアンドリュー・ブランソン氏に直接関連するものだったと指摘。「現在は歩を先に進める論拠がある。まだ最終的に決定はされていないが、この件に関して大統領と話す必要がある」とし、「近く何らかの決定がある」と述べた。 トルコの裁判所は12日、テロ関連の罪で有罪判決を受け拘束されていたブランソン氏の釈放を決定。ポンペオ長官はこの日、訪問先のトルコでエルドアン大統領らと会談した。

  • クリミアの学校で銃乱射と爆発、17人死亡 生徒関与か

    2018/10/17 14:12 1

     ロシアがウクライナから一方的に併合したクリミア半島の東部ケルチの技術学校で17日、銃の乱射と爆発があった。ロシアメディアによると、子どもを含む少なくとも17人が死亡、約50人が負傷した。ロシアの捜査当局は、構内で遺体で見つかった同校の男子生徒(18)が爆発や銃撃に関わった後に自殺したとみて、動機や背景を調べている。  ロシアメディアによると

  • 不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性

    2018/10/17 9:47 1

     トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館に入った後に消息を絶ったサウジ人記者のジャマル・カショギ氏が、生きたまま体を切断され、殺された可能性が浮上した。中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどが16日、トルコ当局者の情報として報じた。事実だとすると、「尋問中に誤って死亡させた」との報告書を準備中とされるサウジ側の見解と異なることになる。  殺害の様子を記録したとされる音声データを基にしたトルコ当局者の情報によると、カショギ氏は2日昼過ぎに総領事館に入った後、総領事の執務室から引きずり出されて隣室の書斎に移された。カショギ氏が尋問を受けることはなく、テーブルの上で生きたまま体を切断された。殺害に要した時間は7分間だったとしている。

  • 通りふさぐ船、土に埋まる家…津波が襲った島で見た笑顔

    2018/10/17 9:23 1

     港から100メートル近く押し流された大型船が通りをふさいでいた。9月28日、マグニチュード7・5の地震と最大7メートルとも言われる津波が襲ったインドネシア・スラウェシ島中部パルの北約30キロにあるワニ。壊れた家々のがれきが海岸から数百メートル内陸にまで散乱する。  携帯電話のアプリで調べると気温は

  • サウジ、記者失踪で徹底捜査を約束=米国務長官

    2018/10/17 9:10 1

    [アンカラ 17日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は17日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の失踪を巡り、サウジが徹底捜査の実施を約束したと述べた。 トランプ米大統領は16日、この問題に関し、すべての事実が判明する前にサウジを非難する動きがあると指摘し、サウジを擁護する姿勢を示していた。[nL3N1WX05Z] 長官は同行記者団に「すべての会談で、ジャマル・カショギ氏の失踪について徹底捜査を実施する重要性を強調した。彼らはそうすると確約した」と語った。