Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • 米連邦航空局の航空機・路線承認業務が停止、政府機関閉鎖で

    2019/01/15 1:15 62

    [14日 ロイター] - 米政府機関の一部閉鎖に伴い、航空会社の航空機や新路線の導入に関する連邦航空局(FAA)の承認業務が停止し、運航開始が後ずれするなどの影響が出ている。 FAAは法律によって政府閉鎖中に行える業務に制約が加えられており

  • 中国、カナダ人に死刑判決 麻薬密輸の差し戻し審

    2019/01/15 1:09 59

    [北京/オタワ 14日 ロイター] - 中国で麻薬密輸罪に問われたカナダ人男性、ロバート・ロイド・シェレンバーグ被告の差し戻し審で、遼寧省大連市の中級人民法院(地裁)は14日、死刑を言い渡した。被告は今後10日以内に上訴することができる。 カナダで中国通信機器大手

  • 英のEU離脱、欧州議会選後への延期は同意不可=スペイン

    2019/01/15 1:08 65

    [マドリード 14日 ロイター] - スペインのボレル外相は14日、欧州連合(EU)は英国の離脱延期に同意することができるが、5月の欧州議会選挙後への延期には同意できないとの立場を示した。 外相は記者会見で「合意なき離脱は誰にとっても惨事となる」とし、「時期を延期することは可能だ」と述べた。その上で「実際の期限は欧州議会選だ」とし、英国が参加しない前提で選挙が計画されているためだと説明した。 ジブラルタルはスペインからの自由な労働者やモノの流れに依存している。スペインはジブラルタルの領有権を主張しており、英国との対立点となっている。 ボレル外相はさらに、英国の合意なき離脱に備えた対応策は用意しているとし、スペイン国内の英国民や英国内のスペイン国民の立場に大きな影響は生じないと述べた。

  • トルドー首相「恣意的」と批判 中国でカナダ人に死刑

    2019/01/15 1:00 64

     中国・遼寧省の中級人民法院(地裁に相当)が、麻薬密輸の罪に問われたカナダ人男性に死刑判決を言い渡したことについて、カナダのトルドー首相は14日、「中国が恣意(しい)的な死刑の適用を選んだことはカナダと全ての友好国と同盟国にとって重大な懸念である」と批判した。  中国企業が関与するスパイ活動を警戒する米国は、同盟国に中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)製品を使わないよう求めたと報じられている。カナダは昨年12月、米国の要請を受けて孟晩舟・副会長兼最高財務責任者をバンクーバーで逮捕し、カナダと中国の緊張が高まっていた。

  • 1月米雇用統計、政府機関閉鎖で雇用者数減や失業率上昇も

    2019/01/15 0:54 69

    [ワシントン 11日 ロイター] - エコノミストによると、米政府機関の一部閉鎖が18日以降も続いた場合、1月の雇用の伸びは50万─60万人押し下げられ、失業率も4.0%超に悪化する可能性がある。 トランプ大統領が求めるメキシコとの国境の壁建設費用を巡る議会の対立で政府機関の一部は昨年

  • 米トルコ大統領が電話会談、トランプ氏は両国経済発展の可能性に言及

    2019/01/15 0:13 45

    [ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領はツイッターへの投稿で、トルコのエルドアン大統領と14日に電話会談したとし、米国とトルコの経済発展をさらに進める大きな可能性があるとエルドアン氏に伝えたと明らかにした。 また、ここ2週間の過激派組織

  • 米大統領、強硬な貿易政策擁護 中国との公正な協定で農家再生約束

    2019/01/14 21:30 63

    [ニューオーリンズ 14日 ロイター] - トランプ米大統領は14日、自身の貿易に対する強硬姿勢を擁護した上で、中国と公正な貿易協定を締結し、米農家の再生を目指すと確約した。 長年にわたり、米国が中国に対し年間3750億ドルもの損失を被ってきたとし、「こうした問題に対し強く対処しており、交渉は順調に進んでいる」と強調。「米農家や牧場主、しいては米国を第一とする公正な貿易協定に置き換える」と語った。交渉の詳細については踏み込まなかった。

  • EUが英に書簡、アイルランド国境の安全策は一時的との認識

    2019/01/14 16:48 45

    [ブリュッセル 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)は14日、メイ英首相への書簡で、英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドとの国境問題について、「バックストップ(安全策)」回避を目指すという確約を守るとし、確約は法的効力を持つと表明した。またバックストップが発動されたとしても一時的な措置になるとの認識を示した。 ユンケル欧州委委員長とトゥスクEU大統領は書簡で、反対が噴出しているバックストップを回避するため、2020年末までに英国のEU離脱後の貿易関係についての合意を目指すという確約を守ると表明した。

  • 中国、先月は輸出入とも減少 内需の減速影響か

    2019/01/14 16:44 46

     2018年12月に中国が全世界と取引した金額は、輸出、輸入とも減少に転じた。中国経済が減速に入ったことを物語るデータだ。一方、18年通算では対米貿易黒字(米国にとっては対中貿易赤字)は17・2%増えて過去最大に。3月1日が期限の米中貿易協議で米国の要求が強まるのは必至で、減速する経済成長への対応とどう両立させるかが問われることになる。  中国税関総署が

  • 北方領土におけるロシアの主権、議論の余地なし=ラブロフ外相

    2019/01/14 16:14 68

    [モスクワ 14日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は14日、同国を訪問した河野太郎外相との会談後、記者団に対し、北方領土におけるロシアの主権に議論の余地はないとし、日ロ間の隔たりが依然として平和条約締結の障害になっているとの見方を示した。 外相は、北方領土の主権を巡る問題は議論の対象ではないという事実を日本側に伝えたとし、「(北方領土は)ロシア連邦の領土」と主張。「(日ロ間に)依然として大きな隔たりがあることを隠すつもりはない」とした上で、「ただ日ロ関係を完全に正常化させるというロシア政府首脳の意思により活発な協議が促されている」と述べた。