Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

世界

すべてのカテゴリのニュース

  • イタリア橋崩落の死者31人に 2年前に構造的欠陥指摘

    2018/08/15 5:10 2

     イタリア北部ジェノバで14日に起きた幹線道路の橋の崩落で、2年前に専門家が橋の架け替えの必要性を主張していたことに焦点が当たっている。橋は以前から構造的な欠陥が指摘されていた。  この橋はイタリアの建築デザイナーの故リッカルド

  • トルコの対米関税引き上げ、米国による経済攻撃への報復=副大統領

    2018/08/15 4:51 3

    [イスタンブール 15日 ロイター] - トルコのオクタイ副大統領は15日、同国が乗用車、アルコール、たばこなど一部の米製品に対する関税を大幅に引き上げたことについて、「米国によるトルコ経済への意図的な攻撃に対する報復措置」とツイッターで明らかにした。 トランプ米大統領は先週10日、トルコからの輸入関税について、アルミニウムを20%、鉄鋼を50%に引き上げることを承認したと発表。トルコによる米国人牧師拘束などの問題を巡り、米国とトルコの関係は急速に悪化している。

  • 文大統領、日本の歴史認識には言及せず 光復節式典演説

    2018/08/15 4:25 3

     韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日午前、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の式典で演説した。9月に平壌で行う北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談に言及し、「朝鮮半島の完全な非核化とともに、終戦宣言や平和協定に至るために大胆な一歩を踏み出す」と表明。南北関係を発展させ、非核化を促す原動力にすると語った。  韓国の歴代大統領は光復節演説で

  • 中国がWTOに提訴、「米国の太陽光製品関税で世界市場にゆがみ」

    2018/08/15 4:11 3

    [北京/上海 15日 ロイター] - 中国商務省は14日遅く、米国が再生可能エネルギー企業に補助金を支払うことに加え、太陽光発電製品への関税適用を決めたことについて、グローバル市場を大きくゆがめ、中国の国益を損なっていると非難した。 米国は1月、太陽光パネルなどを対象に

  • 日米通商協議、最終的に開催できたのはよかった=麻生財務相

    2018/08/15 2:21 3

    [東京 15日 ロイター] - 麻生太郎財務相は15日の閣議後会見で、先週末ワシントンで初会合が開かれた日米新通商協議FFRについて、日本側から希望日程を連絡しても「返答が返ってこない状態がしばらく続いた」ため、「最終的に(会合が)できあがったのはよかった」と評価した。 ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と茂木敏充経済財政相の間で「意見交換が率直に行なわれ、次回(会合を開催する)となり、両国の貿易を促進するに当たって信頼関係に基づく形になったのは悪くない」とも付け加え、日米双方の意見が食い違いつつも、協議が継続している点を評価した。

  • カトリック神父300人が性的虐待 被害者は数千人か

    2018/08/15 1:44 3

     米ペンシルベニア州最高裁判所は14日、同州のカトリック教会で起きた神父による少年少女への性的虐待についての大陪審の調査報告書を公表した。報告書には虐待を行っていた神父300人の実名リストも盛り込まれた。教会側は隠蔽(いんぺい)工作を行っていたという。  カトリック教会では世界各地で神父による性的虐待が表面化し

  • 原油先物は下落、米在庫増や需要悪化懸念で

    2018/08/15 1:29 3

    [シンガポール 15日 ロイター] - 15日の取引で原油先物は下落。米原油在庫の増加を示す統計や世界経済の先行き不透明感を背景とする燃料需要悪化懸念が相場の重しとなった。 0021GMT(日本時間午前9時21分)現在、北海ブレント先物の期近物LCOc1は前営業日終値比0.32ドル(0.4%)安の1バレル=72.14ドル。 米石油協会(API)が14日公表した統計によると、8月10日までの1週間の国内原油在庫は前週比370万バレル増加し、4億1080万バレルとなった。 豪リブキン・セキュリティーズの投資アナリスト、ウィリアム・オローリン氏は「API在庫統計で前週の予想外の在庫積み増しが示されたことから原油価格は下落した」と説明した。

  • 米政府、牧師解放なければトルコに一段の圧力 トランプ氏は苛立ち

    2018/08/14 22:43 2

    [ワシントン 14日 ロイター] - 米ホワイトハウス報道官は14日、トランプ大統領がトルコが身柄を拘束している米国人牧師のアンドリュー・ブランソン氏をいまだ解放していないことに苛立っていることを明らかにした。サンダース報道官は、「トランプ大統領はブランソン牧師がいまだ解放されていないことに非常に苛立っている」と述べた。 同牧師の解放問題は米国とトルコの関係悪化の要因となっており

  • カナダ、鉄鋼製品の緊急輸入制限発動を検討 米関税措置受け=財務相

    2018/08/14 17:25 2

    [オタワ 14日 ロイター] - カナダのモルノー財務相は14日、国内企業の保護に向け鉄鋼製品7種に対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動の是非を検討することを明らかにした。 対象となる製品は鋼板、鉄筋、エネルギー産業向け鉄管、熱延鋼板、ステンレス鋼線材など。15日間の調査期間を経て国内産業が阻害を受けているかどうか判断を下す。 モルノー財務相は記者会見で「カナダ政府は米国の関税措置は異例の事態と認識している。このため、緊急輸入制限の発動が検討されている」とし、「調査の結果、カナダの製造業者が阻害されているとの証拠が得られれば、暫定的な緊急輸入制限措置が発動される」と述べた。

  • 英EU離脱合意、柔軟で調整可能な形望ましい=独首相

    2018/08/14 17:24 2

    [イエナ(ドイツ) 14日 ロイター] - メルケル独首相は14日、英国の欧州連合(EU)離脱合意について、柔軟な内容で将来の調整に備えることが望ましいとの認識を示した。 メルケル氏は「無秩序な形でなく、合理的で話し合われた合意の実現を望む」と発言。「固定された離脱合意は考えられない。英国が(未来の時点でEUから)恩恵を受けたいと希望するなら、EU規則を再び受け入れると約束する必要がある」と述べた。